バーレーン王国

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Achtung.png 意見募集
記事名に関する意見が出されています。
議論は「トークページ」で行われています。
Wikipedia-logo.pngウィキペディアの生真面目ユーザーたちがバーレーン王国の項目をおカタく解説しています。
国旗

バーレーン王国(バーレーンおうこく、Kingdom of Bahrain)とは、ペルシア湾中部のバーレーン島を中心とする33の島嶼からなる島国のことである。政体は立憲君主制面積は760平方キロで日本奄美大島の1.1倍。人口2011年の時点で121万5000人。2019年の時点では164万人。人口密度は1598.3人/㎢。首都マナマ。バーレーンとはアラビア語の「bahr(海を意味する)tein(2つを意味する)」からとされ、塩水の海(アラビア湾)と地下にある真水の海が存在するとの伝承に基づいている。

概要[編集]

歴史[編集]

王族を含む人口の4割がイスラム教スンニ派で、残り6割は同シーア派首都のマナマには米海軍第5艦隊の司令部が存在する。スンニ派の大国・サウジアラビアから支援されており、2016年にはイランと断交し、2019年8月にはホルムズ海峡などの安全確保を目的とするアメリカ主導の有志連合に参加することを表明している。

宗教[編集]

住民[編集]

言語[編集]

通貨単位[編集]

国内総生産[編集]

  • 1人当たり国内総生産は2万475米ドル(2010年

外部リンク[編集]

政府
日本政府
その他