2019年J2第42節 柏レイソル対京都サンガF.C.

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

この項目では、2019年11月24日に行われた明治安田生命J2リーグ第42節のうち、柏レイソル (以下、柏) 対京都サンガF.C. (以下、京都) の試合について説明する。

2019明治安田生命J2リーグ 第42節
2019年11月24日
柏レイソル 13- 1 京都サンガF.C.
オルンガ 前半6分にゴール 前半6分
オルンガ 前半23分にゴール 前半23分
瀬川祐輔 前半27分にゴール 前半27分
オルンガ 前半33分にゴール 前半33分
オルンガ 後半12分にゴール 後半12分
クリスティアーノ 後半15分にゴール 後半15分
オルンガ 後半20分にゴール 後半20分
オルンガ 後半22分にゴール 後半22分
クリスティアーノ 後半25分にゴール 後半25分
オルンガ 後半33分にゴール 後半33分
マテウス・サヴィオ 後半34分にゴール 後半34分
クリスティアーノ 後半39分にゴール 後半39分
オルンガ 後半46分にゴール 後半46分
公式記録 小屋松知哉 前半38分にゴール 前半38分

前節までのあらすじ[編集]

柏は2018年にJ1での成績が17位だったことにより降格し、2019年も前半戦は首位に上がれることがなく、概ねプレーオフ圏内の3位から6位前後に位置していた。しかし、第25節に勝利し首位に浮上すると、そのまま首位を譲ることなく終盤戦に突入。第41節にFC町田ゼルビアとアウェイで対戦し、3対0で勝利しJ2優勝が決まっていた。

京都も同じくプレーオフ圏内に位置し、第22節から第24節の間は首位に浮上していたが、第25節に柏に首位を譲られた。それでもプレーオフ圏内前後に位置し、この試合に勝利すれば (他会場の結果により) プレーオフ出場を決められる試合であった。

結果[編集]

前半は早速6分にマイケル・オルンガが先制し、23分には再びオルンガが、27分には瀬川祐輔が決め、33分にはオルンガが3点目を決めハットトリックを達成。京都が前半38分に小屋松知哉のゴールにより1点を返すも、前半を4対1で折り返す。

後半に入ると柏の猛攻がヒートアップ。後半12分にオルンガが、15分にはクリスティアーノがゴールすると、後半20分・22分とオルンガが立て続けに得点しダブルハットトリック (2005年J1・J2入れ替え戦におけるバレー以来) 。後半25分にクリスティアーノが決めると、ここでJリーグにおける最多得点である9得点 (1998年Jリーグ1stステージ第6節、C大阪磐田戦における1対9) に並ぶ。すると後半33分にオルンガがぞれ決め、Jリーグ初の2桁得点を達成。その後もマテウス・サヴィオが後半34分、クリスティアーノが後半39分に決め、最後は後半46分にオルンガの8得点目で締めくくった。

エピソード[編集]

  • この試合で1試合における以下の記録が達成された。
    1. 最多得点 - 13得点
    2. 最多点差 - 12得点
    3. 最多ゴール - 14ゴール
    4. 個人得点 - 8得点 (オルンガ)
  • この試合は京都・田中マルクス闘莉王の現役最後の試合となった。闘莉王はこの試合の前半に鼻を裂傷したため、ハーフタイム中に交代、病院に搬送された。
  • この試合以降、オルンガの活躍が京都新聞に掲載されることが多くなった。
  • オルンガはJ1に昇格した翌年も柏に所属。32試合に出場し、歴代2位となる28ゴールを挙げた。これにより2020シーズンのJ1得点王のタイトルを獲得。ベストイレブンに柏レイソルから唯一選出され[1]、そこから最優秀選手 (MVP) にも選ばれた[2]
  • 柏レイソルは翌年のJ1で優勝候補の一角に挙げられた。実際は優勝争いに加わることもあったが、リーグ戦を7位で終えた。一方でルヴァンカップ2013年以来7年ぶりに決勝に進んだが、こちらもFC東京に敗れて優勝を逃している。

脚注[編集]

  1. この年は川崎フロンターレがJ1を圧倒したこともあり、ベストイレブンもフォワード以外の9人は川崎に所属する選手で占められた。なお川崎以外から選出されたのはオルンガとエヴェラウド (鹿島アントラーズ) の2人のみだった。
  2. 柏レイソルからのMVPは2011年レアンドロ・ドミンゲス以来2人目。また得点王との同時受賞は2019年の仲川輝人以来8人目、年間優勝クラブ以外からの選出は2016年中村憲剛以来6人目となった。

関連項目[編集]