J1参入プレーオフ

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia-logo.pngウィキペディアの生真面目ユーザーたちがJ1参入プレーオフの項目をおカタく解説しています。

J1参入プレーオフ (ジェイワンさんにゅうプレーオフ) は、Jリーグのシーズン終了後にJ1リーグ (J1) の下位1チームとJ2リーグ (J2) の上位4チーム[1]によって、昇格・降格か残留かを争うプレーオフである。

概要[編集]

Jリーグでは2004年から2008年までJ1・J2入れ替え戦を実施し、リーグ戦終了後にJ1の下位1チームとJ2の上位1チームによりホームアンドアウェイで昇格・降格か残留かを争うプレーオフが行われた。入れ替え戦の廃止後、2009年から2011年はJ1の下位3チームが自動降格しJ2の上位3チームが自動昇格するレギュレーションだった。

2012年からはJ1下位3チームの自動昇格はそのままに、海外のサッカーリーグを参考にしてJ2からの上位2チームに自動昇格に加え、J2の3位から6位までの4チームによるトーナメント戦で昇格枠の最後の1枠を争うJ1昇格プレーオフが実施された。

だが2009年から2011年までのJ2の3位と、2012年から2015年までのJ1昇格プレーオフ優勝チームは1年でJ2に降格する状況が続いており、2009年から2016年まで (2015年を除く) J1の16位で降格したチームは1年でJ1に復帰するという状況が続いていた[2][3]。この状況を解決するために導入されたのがJ1参入プレーオフである。

レギュレーション[編集]

まず、J2の3位対6位、4位対5位で1回戦が行われ、翌週に1回戦の勝者同士で2回戦が行われる。その2回戦の勝者は、翌週にJ1の下位1チームと決定戦で対戦することになる。

いずれの試合も90分を終え引き分けの場合は上位チームの勝利扱いとなる。

決定戦でJ2のチームが勝てばJ1のチームと入れ替えを行うが、勝てなければ (引き分けの場合でも) その時点で残留が決まる。

結果[編集]

2018年ジュビロ磐田が、2019年湘南ベルマーレがどちらもプレーオフで残留を決めているが、どちらも翌年にはリーグ戦を最下位で終えている[4]。一方でプレーオフ出場チームのうち2018年横浜FC2019年徳島ヴォルティスは翌年にJ1に自動昇格している。

脚注[編集]

  1. クラブライセンスによって変動あり。
  2. このうち柏レイソルFC東京ヴァンフォーレ甲府湘南ベルマーレ大宮アルディージャは降格した翌年のJ2リーグで優勝した。
  3. なお2015年に16位でJ2に降格した松本山雅FCも、2016年のJ2は最終節まで昇格・優勝を争う立場にいたため (最終的には3位で終了) 、決して悪い成績ではなかった。
  4. このうちJ2に降格したのは磐田のみ。湘南は新型コロナウイルスの影響による2020年シーズンのレギュレーション変更で降格がなくなったため、例外的に残留している。

関連項目[編集]

Jリーグ - 2021
J1北海道コンサドーレ札幌 | ベガルタ仙台 | 鹿島アントラーズ | 浦和レッズ | 柏レイソル | FC東京 | 川崎フロンターレ | 横浜F・マリノス | 横浜FC | 湘南ベルマーレ | 清水エスパルス | 名古屋グランパス | ガンバ大阪 | セレッソ大阪 | ヴィッセル神戸 | サンフレッチェ広島 | 徳島ヴォルティス | アビスパ福岡 | サガン鳥栖 | 大分トリニータ
J2ブラウブリッツ秋田 | モンテディオ山形 | 栃木SC | 水戸ホーリーホック | ザスパクサツ群馬 | 大宮アルディージャ | ジェフユナイテッド千葉 | 東京ヴェルディ | FC町田ゼルビア | SC相模原 | ヴァンフォーレ甲府 | 松本山雅FC | アルビレックス新潟 | ツエーゲン金沢 | ジュビロ磐田 | 京都サンガFC | ファジアーノ岡山 | レノファ山口FC | 愛媛FC | ギラヴァンツ北九州 | V・ファーレン長崎 | FC琉球
J3ヴァンラーレ八戸 | いわてグルージャ盛岡 | 福島ユナイテッドFC | YSCC横浜 | AC長野パルセイロ | カターレ富山 | アスルクラロ沼津 | 藤枝MYFC | FC岐阜 | ガイナーレ鳥取 | カマタマーレ讃岐 | FC今治 | ロアッソ熊本 | テゲバジャーロ宮崎 | 鹿児島ユナイテッドFC