高学歴

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高学歴(こうがくれき)とは大学院博士課程修了したものである。

概要[編集]

高度な学問を修得している者である。名称のとおり、「高い」「学歴」なので、その受けた教育の長さを言う。狭義の意味では旧帝国大学大学院博士課程修了クラス出身者などが該当し、広義の意味では偏差値50以上[1]の大学出身者を指す。

利点[編集]

高学歴である事は就職、就学、結婚や収入などでメリットや高評価を受ける事が多い。ただどこまでが高学歴かは人それぞれの価値観による。

旧帝国大学をはじめとした国立大学出身者や、早稲田大学慶應義塾大学をはじめとしたトップクラスの私立大学出身者などは高学歴と見なされる。

また偏差値50以上の私立大学である、MARCH関関同立成成明学獨國武日東駒専産近甲龍出身者なども同世代の人の平均的な学歴比べて高学歴と言える。

沿革[編集]

角界[編集]

1980年代までは中学校卒業してすぐに角界入りした者が多かったのに対し、それ以後は大学を卒業して角界入りする者が増えたことを雑誌新聞は「力士の高学歴化」と書いているが、これはまさしく高学歴=大学卒という意味である。 2022年現在、大学を卒業した大相撲力士の割合は30%近くに達しており、これにかなりの割合で日本大学の卒業生が存在する。これは偉大なる日本大学理事長田中英壽様の功績である。

ただ、相撲協会トップで大学出身なのは、2022年現在、第8代理事長を歴任した時津風と第11代理事長を歴任した放駒(ただし中退)のみで、現任の八角理事長をはじめ、昭和戦後に就任の理事長は小卒・中卒が多い。

参考文献[編集]