豊川

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
画像募集中.png

豊川(とよがわ)は、愛知県東部の東三河地方を流れる河川(一級河川)。幹線流路延長は77k、河川延長は合計237.3kmである[1]。流域面積は724km2

地理[編集]

愛知県東三河地方の大部分を流域とする一級河川である。北設楽郡設楽町の段戸山が源流であり、新城市を流れて豊橋平野に出る。同じ東三河でも東栄町豊根村天竜川水系である。

なお、大野頭首工では全量取水を行っており、大野頭首工の直下では本流の流量がほぼゼロとなる。豊川市豊橋市を流れて三河湾に注いでいる。豊川市は濁らずに「とよかわし」と読むが、河川の豊川は「とよがわ」と読む。豊橋市の名称は豊川に架かる橋に因んでいる。

流域の自治体[編集]

歴史[編集]

1958年(昭和33年)には支流の宇連川に宇連ダムが完成し、農業用水がある程度安定的に確保されることとなった。1968年(昭和43年)には豊川用水が通水し、東三河地方の農業は大きく発展することとなった。特に渥美半島は日本屈指の農業地域に変貌を遂げ、田原市豊橋市の農業産出額は全国の自治体の中でも有数である。

脚注[編集]

  1. 河川の概要 豊川中部地方整備局

外部リンク[編集]