秋山昌詮

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

秋山 昌詮(あきやま まさのり、天文20年(1551年[1] - 天正7年7月23日1579年8月15日))は、戦国時代武将甲斐武田家家臣。父は金丸虎義で3男[1]。兄弟に金丸昌直土屋昌続土屋昌恒金丸定光親久。養父は秋山虎繁。官途は左衛門尉[2]

生涯[編集]

官途は左衛門尉[1]。天正3年(1575年)に虎繁が織田信長に捕らえられて処刑され実子が無かったため、昌詮が養子となって跡を継いだ[2][1]。昌詮は武田勝頼に仕えて天正5年(1577年)に龍朱印状を奉じるなど活動している[2][1]。天正7年(1579年)7月23日に29歳で病死[2][1]。法名は妙山[2][1]。家督は末弟の親久が養子として継いだ[2][1]

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 1.6 1.7 柴辻俊六 『武田信玄大事典』新人物往来社、2000年、P23
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 2.4 2.5 柴辻俊六・平山優 『武田勝頼のすべて』新人物往来社、2007年、P217

参考文献[編集]

  • 柴辻俊六平山優 『武田勝頼のすべて』(新人物往来社、2007年) ISBN 978-4-404-03424-3
  • 柴辻俊六 編 『武田信玄大事典』(新人物往来社、2000年)ISBN 4-404-02874-1