新東名高速道路

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

新東名高速道路(しんとうめいこうそくどうろ、NEW TOMEI EXPRESSWAY)とは、神奈川県海老名市海老名南JCTから愛知県豊田市豊田東JCTに至る高速道路である。高速道路ナンバリングによる路線番号は、本線が伊勢湾岸自動車道新名神高速道路とともに「E1A」。

概要[編集]

御殿場JCTなどの途中区間で東名高速道路と接続し、豊田東JCTで直進時、伊勢湾岸自動車道を経て新名神高速道路に繋がる。「第二東名高速道路」とも書かれる。

今のところは、神奈川県海老名市の海老名南JCTから、伊勢原市の伊勢原大山ICまでと、静岡県御殿場市の新御殿場ICから、愛知県豊田市の豊田東JCTに至る高速道路で、御殿場JCTからの全長は約208km。東名高速道路から分岐して、新清水JCT新東名高速道路清水連絡路)および浜松いなさJCT新東名高速道路引佐連絡路)に連絡する連絡路も含まれる。

国土開発幹線自動車道建設法上の名称は、その先の東海ICまで「第二東海自動車道」である。

歴史[編集]

浜松いなさJCT~御殿場JCTの区間が、2012年4月14日に開通。2016年2月には豊田東JCT〜浜松いなさJCTの区間が開通した。
神奈川県内も、.2018年の厚木南IC〜海老名南JCTの区間を皮切りに、2020年までに伊勢原大山IC〜海老名南JCTが開通している。