出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
移動先: 案内検索

(すう、英: number)とはものの順序を示す語。個々の事物が、いくつあるかということを表すもの。 科学の分野では「数値(すうち)」と言う呼び方もする。数とは、順序や量を表すための語(概念)、および、その記号である。

数と数字は同様に使っても何ら問題は無い。本質的には異なる概念云々と説明している輩もいるようであるが、その説明自体が難解すぎる。

体系[編集]

数の概念は、人類の歴史・民族性によって拡張されてきた。西洋キリスト教徒のお陰で21世紀は2001年から始まることになってしまった。インド人がゼロの概念をキリスト教徒に先に伝えて置けばこんな不格好なことにはならなかった事が悔やまれる。(自然数から整数への拡張がここで行われた。)

整数の割り算をしたり四則演算をしたり代数方程式の解法を考えたりした結果、自然数・整数・有理数・無理数・実数・複素数といった数の概念の拡張が行われた。