孫登 (呉)

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

孫 登(そん とう、209年 - 241年)は、中国三国時代皇族皇太子子高(しこう)[1]。父は孫権で長男。子は孫璠孫英孫希。妻は周瑜の娘。芮玄の娘。

生涯[編集]

孫権の長男であるが生母の身分が低かったため、徐夫人に養育された[1]。孫権が呉王になると東中郎将の地位を授けられ、後に王太子、皇太子になる[1]。孫登は器が大きく、諸葛恪張休陳表顧譚らと親友となり側近として登用し、学問や乗馬、射撃などを一緒に学んだ[1]。非常に聡明で父をよく補佐したが、241年に33歳の若さで死去した[1]

孫登の早世は、呉に二宮の変という後継者争いを生む悲劇につながった[1]

三国志演義』では徐夫人の実子とされており、皇太子に立てられた事と早世した事だけが触れられている。

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 小出『三国志武将事典』P291

参考文献[編集]