井上周八

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

井上 周八(いのうえ しゅうはち、1925年3月9日[1] - 2014年[2])は、日本の経済学者。専門は経済理論、農業経済学[2]立教大学名誉教授。チュチェ思想国際研究所名誉理事長。

人物[編集]

山形県上ノ山で生まれた[3]特攻隊に志願するも終戦を迎え、戦後は日本共産党に入党した(のち離党)[4]立教大学東京商科大学(現・一橋大学)卒業後、立教大学大学院を経て、立教大学経済学部助手・講師・助教授・教授を務め[1]、地代論の研究で業績を残した[3]。主著に『地代の理論――戦後論争点の批判的考察』(理論社、1963年)、『農業経済学の基礎理論』(東明社、1967年)などがある[2]

1979年3月~4月にチュチェ思想国際研究所の第1回目の訪朝団6名の一員として初めて訪朝してから一貫して北朝鮮(本人は「朝鮮」「共和国」と呼ぶ)を賛美している。訪朝前は金日成主席に対する個人崇拝には否定的であった。帰国後、社会党の機関誌『月刊社会党』と公明党の機関誌『公明』に寄稿し「朝鮮のすばらしさ」を紹介。以後毎年のように訪朝し、1982年5月11日と1990年9月17日に金日成主席と接見している[5]

1990年3月に立教大学経済学部を定年退職し、6月に同大学名誉教授となる。この時点でチュチェ思想国際研究所理事長[1]、のち名誉理事長。2005年4月1日、井上の80歳の誕生日に際し金正日総書記がおくった贈物を徐萬述朝鮮総聯議長から朝鮮会館で手渡された[6]

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 「井上周八教授の略歴および業績(井上周八教授記念号)」『立教経済学研究』44巻2号、1990年10月
  2. 2.0 2.1 2.2 老川慶喜、渡邉恵一「老川慶喜先生の人と学問 : インタビュー (老川慶喜教授記念号)」『立教経済学研究』69巻5号、2016年3月
  3. 3.0 3.1 久保田順「井上周八教授の人と学問--研究・教育・実践につらぬくヒュ-マニストの意識 (井上周八教授記念号)」『立教経済学研究』44巻2号、1990年10月
  4. 世界を救ったハイジャック 鈴木邦男をぶっとばせ!(2009年3月30日)
  5. 井上周八「人間の尊厳と価値を高めたチュチェ思想の創始者」、『金正日書記誕生50周年記念研究論文集』チュチェ思想国際研究所、1992年
  6. 2005年 在日本朝鮮人総聯合会