ロボット

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
X mark.png
It's JOKE!
この記事は多少冗談を含みます。
寛容な心でお読み下さい。

ロボット』(英:Robot)とは、人間の代わりに労働力を提供する装置や仕組み。

概要[編集]

「労働力」になればいいため、人型をしている必要は無い。人型を取らずに対象の労働に特化した形を取るのが機械工学の分野では一般的。

情報工学でいうロボットは人間の代わりに情報処理を行う、物理的な質量を持たないプログラムだったりもする。

工学が発達していない時代の労働力は家畜奴隷などでカバーしていた時代もあるため、現代でも例えとして人間をロボットのように扱う事もあるが、ロボットには基本的に人権が無いため、人権を持つ人間を人権の無いロボットのように扱うと人権侵害になる可能性がある。

そのため、人権の無いロボットの方が人権のある人間よりも扱いやすいという場合もある。

ロボットの職場[編集]

  • 人間がやるには危険や困難が伴う作業をロボットが行うケースが有名。
例)爆発物処理ロボット、軍事用ロボット、原子炉廃炉作業用ロボット
  • お掃除ロボットは掃除に特化した形として、家庭用でも家具の下や隙間を通過できる、低くて丸みを帯びた形状を選択している場合が多い。

ロボット開発[編集]

人間にとっては人型をしているロボットの方が好まれる傾向がある事はよく知られており、日本の場合は「鉄腕アトム」などを見てロボット開発を志すようになった研究者が多いという話はある。

関連項目[編集]

他事典リンク¦ウィキペディア ¦ピクシブ百科事典 ¦ニコニコ大百科 ¦アンサイクロペディア ¦コトバンク