ポップ (物理学)

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ポップ加加加加加速度(かかかかかそくど)とは、単位時間当たりのクラックルの変化率の事である。より専門的に言うと、ポップとは、クラックルを時間で微分したもの、スナップを時間で二階微分したもの、躍度を時間で三階微分したもの、加速度を時間で四階微分したもの、速度を時間で五階微分したもの、また、長さを時間で六階微分したものであると言える。単位としては物理学ではメートル毎秒毎秒毎秒毎秒毎秒毎秒(m/s6)が使われるが、他分野ではガル毎秒毎秒毎秒毎秒や重力加速度毎秒毎秒毎秒毎秒が単位として使われることもある。なお、クラックルは速度、加速度、躍度、スナップ、クラックルと同様にベクトル量であり、向きと大きさとで表されるが、複雑な点がある。例えば、クラックル0の状態から「北向きに1m/s6のポップでクラックルを増大する」といえば、1秒後には北向きに1m/s5のクラックル、2秒後には北向きに2m/s5のクラックルになる。ここで、今までクラックルを増してきたのと同じペースでクラックルを減じ始めたとしよう。クラックルの減少は負のポップで表すことになるのだが、この時のポップは「北向きに-1m/s6」つまり「南向きに1m/s6」ということになる。クラックルは北向きのままなのに南向きとは奇妙に思えるが、このままのポップでクラックルを減じ続けると、2秒後にはクラックルは0となり、それ以降は南向きのクラックルで進むことになる。ゆえに、「このままいくと南向きのクラックルになる」という意味であると言える。ところで、スカラー量であるポップの大きさには速度に対する「速さ」のような特別な言い方はなく、「ポップの大きさ」と呼ぶ。

長さの七階微分以上[編集]

「単位時間当たりのポップの変化率」以降に、「速度」から「ポップ」までのような特別な名前はついていない。ただ、「加」の字を重ねて、加加加加加加速度(かかかかかかそくど)と表すことはできる。これは、ポップの微分、クラックルの二階微分、スナップの三階微分、躍度の四階微分、加速度の五階微分、速度の六階微分、長さの七階微分に該当し、単位は「メートル毎秒毎秒毎秒毎秒毎秒毎秒毎秒」(m/s7)もしくは「ガル毎秒毎秒毎秒毎秒毎秒」「重力加速度毎秒毎秒毎秒毎秒毎秒」となる。同様に、加加加加加加加速度(長さの八階微分)、加加加加加加加加速度(長さの九階微分)、...といくらでも続けることができるが、これらの物理量が実際に使われることはまずない。

変位の時間微分量
m/s6加加加加加速度 (Pop / Pounce)
m/s5加加加加速度 (Crackle / Flounce)
m/s4加加加速度 (Snap / Jounce)
m/s3加加速度 / 躍度 (Jerk / Jolt)
m/s2加速度 (Acceleration)
m/s速度 (Velocity) / 速さ (Speed)
m変位 (Displacement) / 位置 (Position) / 距離 (Distance)
m⋅sアブセメント[1] (Absement)
m⋅s2Absity
m⋅s3Abseleration
m⋅s4Abserk
m⋅s5Absnap
m⋅s6Absackle
m⋅s7Absop
脚注
  1. 定訳がないため、英語の片仮名表記としている