変位

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

変位(へんい)とは、物理学において、位置の変化を意味する。変位を求めるためには、まず座標軸を定めなければならない。ここでは、北向きをx軸の正の向きとしよう。例えば、x軸上をx=3mの地点からx=5mの地点まで移動したならば、変位は5m-3m=2mとなる。これは「北に2m」とも表すことができる。あるいは、x軸上をx=4mの地点からx=1mの地点まで移動したならば、変位は1m-4m=-3mとなる。これは「北に-3m」つまり「南に3m」とも表すことができる。変位はベクトル量であり、向きと大きさで表すことができるが、座標軸を定めることによって、符号の正負で向きを定めることができるのである。この変位の大きさが、スカラー量である距離であると言える。変位を時間で微分したものが速度である。

変位の時間微分量
m/s6加加加加加速度 (Pop / Pounce)
m/s5加加加加速度 (Crackle / Flounce)
m/s4加加加速度 (Snap / Jounce)
m/s3加加速度 / 躍度 (Jerk / Jolt)
m/s2加速度 (Acceleration)
m/s速度 (Velocity) / 速さ (Speed)
m変位 (Displacement) / 位置 (Position) / 距離 (Distance)
m⋅sアブセメント[1] (Absement)
m⋅s2Absity
m⋅s3Abseleration
m⋅s4Abserk
m⋅s5Absnap
m⋅s6Absackle
m⋅s7Absop
脚注
  1. 定訳がないため、英語の片仮名表記としている