ノートナンバー

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ノートナンバー (note number) とは、MIDI音域を表す数値で、鍵盤上でのキーの番号であり、自然界に存在する音域でもある。「ノート番号」、「鍵番号」、「MIDIキー」、単に「ノート」と呼ばれることもある。MIDIでのデータは7ビットあり、数値は、真ん中のド(中央ハ)をノートナンバー60として決められ、楽譜上ではト音記号の下に加線を一本引いた下第1線に位置する音で、その上下に音高を半音単位で一番低い音から0~127までの128鍵=半音127個のの高さを表現し、各鍵盤数値を割り振ったもの。つまり、「10オクターブ+半音」=「約10オクターブ半」に渡る音域を持ち、ピアノより非常に幅広い音域で、つまりギリギリ広い範囲の音域をカバーできるということになる。

ノートナンバーという数字表記だけではわかりにくいため、英語音名とオクターブの数値の組み合わせを表して変換し、オクターブ表記にして使うのがよい。オクターブ表記は、鍵盤上のどの高さの同じ音名なのかを意味している。オクターブ表記の区切りは、最低音はC、最高音はB。例えば、同じCの音名の中でも低い音域にあるものから順にC0、C1、C2、C3、C4…と数字を付け、どの高さのC音なのかを区別するために表記する。C0よりも更に低い音ではC-1のようにマイナスを付けて表記する。ノートナンバー60である真ん中のドの音名はC3であり、ノートナンバーの最低音0番はC-2、ノートナンバーの最高音127番はG8となる。実際には高音の数が一つ多い感じがするため、バランス的には0(C-2)〜126(F#8=G♭8)の10オクターブ半の方が良い気がする。音程が半音上下することによりノートナンバーが1個ずつプラスマイナスされ、+12の計算で1オクターブ上がり、-12の計算で1オクターブ下がる。88鍵盤ピアノ音域を表現すると21(A-1)~108(C7)となる。

実際の黒鍵の位置は、全てが2つの白鍵のど真ん中の位置ではない。例えばF#(G♭)はFとGのど真ん中にあるのではなく、Fの方に寄っていて、C#(D♭)はわずかにCの方に寄っている。2つの白鍵のど真ん中の位置にあるのはA♭(G#)のみ。

マスターチューニングするときのノートナンバーは69で、基音周波数は440Hzである。440Hzの音程は基本となるラの音。440Hzに対するチューニングのセント単位の割合は、ラの音から見たら0セント。ノートナンバー69番は、音名はA3で、楽譜上ではト音記号の第2間に位置する音。真ん中のド(C3)から数えると長6度上の音に当たる。例として、ノートナンバー36番は約65.41Hz、ノートナンバー60番(真ん中のド)は約261.63Hz、ノートナンバーの最低音0番は約8.18Hz、最高音127番は約12543.85Hzとなる。オルガンの音色は、ノートナンバー69の基音周波数は220Hzであり、ノートナンバー36番は約32.7Hz、ノートナンバーの最低音0番は約4.09Hz、最高音127番は約6271.93Hzである。

ノートナンバーを反転すると、最小値0と最大値127の和から、反転前の値が差し引かれる (負の値は正の値に変換される)。例えば、ノートナンバーが21のノートを反転すると106に、24のノートを反転すると103に、36のノートを反転すると91になる。ノートナンバーの中央値(中心)は63か64であるが、厳密な中央値は63.5であり、計算は、「(0+127)÷2=63.5」。ノートナンバー63番からチューニングのセント単位を+50に設定したもの、またはノートナンバー64番からチューニングのセント単位を-50に設定したものである。ノートナンバー64のノートを反転すると63になる。 ノートナンバーの反転については、厳密な中央値である63.5を境に低音と高音を反転させるとこのような理屈はわかる。

88鍵のピアノの音域外の音の値については、88鍵の最低音より小さい値は0〜20の21鍵、最高音より大きい値は109〜127の19鍵というふうに2分されている。

真ん中のド(C3、周波数約261.63Hz)から数えたとき、最低音はそれより5オクターブ下のド(C-2)、最高音はそれより5オクターブ半と半音上のソ(G8)。

Wikipedia-logo.pngウィキペディアノートナンバーの項目があります。

鍵盤上の対応表[編集]

─黒鍵────白鍵───

──────┐
       127
126■──┤
       125
──────┤
       124
123■──┤
       122
121■──┤
       120
──────┤
       119
118■──┤
       117←7040Hz
116■──┤
       115
114■──┤
       113
──────┤
       112
111■──┤
       110
109■──┤
       108
──────┤
       107
106■──┤
       105←3520Hz
104■──┤
       103
102■──┤
       101
──────┤
       100
099■──┤
       098
097■──┤
       096
──────┤
       095
094■──┤
       093←1760Hz
092■──┤
       091
090■──┤
       089
──────┤
       088
087■──┤
       086
085■──┤
       084
──────┤
       083
082■──┤
       081←880Hz
080■──┤
       079
078■──┤
       077
──────┤
       076
075■──┤
       074
073■──┤
       072
──────┤
       071
070■──┤
       069←440Hz
068■──┤
       067
066■──┤
       065
──────┤
       064
063■──┤
       062
061■──┤
       060
──────┤
       059
058■──┤
       057←220Hz
056■──┤
       055
054■──┤
       053
──────┤
       052
051■──┤
       050
049■──┤
       048
──────┤
       047
046■──┤
       045←110Hz
044■──┤
       043
042■──┤
       041
──────┤
       040
039■──┤
       038
037■──┤
       036
──────┤
       035
034■──┤
       033←55Hz
032■──┤
       031
030■──┤
       029
──────┤
       028
027■──┤
       026
025■──┤
       024
──────┤
       023
022■──┤
       021←27.5Hz
020■──┤
       019
018■──┤
       017
──────┤
       016
015■──┤
       014
013■──┤
       012
──────┤
       011
010■──┤
       009←13.75Hz
008■──┤
       007
006■──┤
       005
──────┤
       004
003■──┤
       002
001■──┤
       000
──────┘

問題点[編集]

問題点は、オクターブ表記の位置がメーカーによってずれている。1オクターブの区切りは、最低音:C、最高音:B。オクターブ表記は、同じ音名のうち、どの位置の音名かをわかるようにするためのもの。例として、真ん中のドは、国際式、カシオ、ローランドではC4、ヤマハ式ではC3という分類になっているという問題で、表記上の都合を気にしていない。なぜなら、国際式の根拠は、88個のピアノの鍵盤の最低音にマイナス表記が含まれるのは好ましくないと思い、A0という0表記になるように、真ん中のドをC4としたらしい。真ん中のドがC4の場合、マスターチューニングを意味するノートナンバー69(周波数440Hz)はA4、真ん中のドがC3の場合、マスターチューニングを意味するノートナンバー69(周波数440Hz)はA3となる。真ん中のドをC3とする欠点は、88鍵のピアノの最低音付近はA-1という「第マイナス1オクターブ」になり、マイナスを使うオクターブ表記は見た目がわかりにくい。ノートナンバーの全音域である0~127は、国際式ではC-1〜G9、ヤマハ式はC-2〜G8で、国際式より1小さい数字ということになる。

ノートナンバー24(周波数約32.7Hz)のC音は、音域名でいうコントラバスの最低音付近で、日本語表記は「下一点は」で、これをC0とするかC1とするかの違いである。これは、音程を表す「度」の概念と同じく、周波数の整数比が1:1の音程を、0度ではなく1度と解釈し、音程に0度の概念が使われなかったかもしれない。0は、完全な無を意味する単語である。真ん中のドをC3とする長所は、ノートナンバー24(周波数約32.7Hz)はC0となり、稀に「C」とだけ略することもあり、0は、ノートナンバーの数値の他に、オクターブ、トランスポーズ、チューニングのセント単位、調号の数、RGB値、角度、電卓のACボタンなどでよく使われ、階の表示では地下1階に見える。ノートナンバー36(周波数約65.41Hz)はC1で、階の表示では地上1階に見える。低音側は、低音域の判別はまだできるが音程感としてはわかりにくく、同時に、基音のエネルギーがあまりない。低音部は、メロディーを担当するのではなく和音(コード)の基本形・転回形の最低音を担当することから、ヤマハの電子楽器では、ノートナンバー24(周波数約32.7Hz)はC0という第0オクターブを起点とした方が便利であるかもしれない。

こうなると、今後は国際式でも真ん中のドをすべてC3で統一してほしいと事前に問い合わせをしたい気がする。混乱を避けるために、必要に応じて「ノートナンバー69=A3、真ん中のド=C3」とする注記を付けて対処するべきである。実音の音高として、オクターブを厳密に区別する場合は、「基音周波数:何Hz」で表す。

octaves\pitch notation C C#/D♭ D D#/E♭ E F F#/G♭ G G#/A♭ A A#/B♭ B
-2 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
-1 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23
0 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35
1 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47
2 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59
3 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71
4 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83
5 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95
6 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107
7 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119
8 120 121 122 123 124 125 126 127 invalid value


関連項目[編集]