デスクトップミュージック

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
DTMから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia-logo.pngウィキペディアデスクトップミュージックの項目があります。

デスクトップミュージック(Desk Top Music,略:DTM)とは、パソコン上で音楽制作ソフトウェアを用いて、作曲編曲・演奏・録音などの楽曲制作の作業を行うこと。「コンピューターミュージック」とも呼ばれる。楽器の音色データを持つMIDI音源を使って曲を再生したりする。ある曲を吹奏楽ピアノソロ、アコギ弾き語りver.などに編曲したり、楽器が弾けなくても、パソコンの画面上の譜面に音の高さや長さを入力して自動演奏することができる。編曲時に、曲を耳コピして、流れているメロディーやコード和音)、リズムなどを聴いて真似してDTMで曲を作り出す。代表的なDTM製品は、「Cubase」がこれに当たる。従来の製品は、XG Works系のソフト(「らくらく作曲名人2」など)だった。

曲データを保存する際、最終的にはスタンダードMIDIファイル(略:SMF)で保存する。小節番号は「2」からにしないと保存できない。スタンダードMIDIファイルの拡張子は「.mid」。スタンダードMIDIファイルとは、他のDTMソフトウェア、電子ピアノ、電子キーボードなどの異なるメーカーに関係なく対応し、データを読み込みできるという互換性を持たせたデータファイルの保存形式。

音の高さや長さを入力するためのものを「ピアノロール」、または「キーエディター」という。ピアノロールの上には小節番号が書かれている。

ただし、編曲については、デメリットもあり、はじめからある他人が作った曲、つまり著作権が切れていないポピュラー音楽を吹奏楽等に編曲し、楽譜にして演奏したら、著作権違反になる可能性があるかは不明であり、JASRACへ行くか、DTMの先生以外に、音楽の先生を探して聞けばいいと思う(わざわざ聞く必要ある? DTMで編曲すると著作権違反になるという言葉は、検索してもなかなか見つからなかった?)。

関連項目[編集]