キャッシュレス

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
移動先: 案内検索

キャッシュレスとは、キャッシュ(現金)を用いない買い物(購買活動)のこと。クレジットカードや電子マネーなど、現金に代わる決済方法により支払いを行い、直接的な現金のやりとりが発生しないことが特徴。

日本では、SuicaPASMOをはじめとした交通系電子マネーや、nanacoなどのコンビニを中心に普及する電子マネーでの決済が広まりつつあるが、2015年の調査では消費全体の20%にとどまる[1]。諸外国に比べクレジットカード決済の割合が小さく、またスマートフォンアプリを介したQRコードでの決済が広まっていないことが指摘されている。

諸外国ではキャッシュレス化が進んでおり、特に中国ではリープフロッグ型発展の存在から全決済の90%がキャッシュレスという高い浸透率であり、日本も東京オリンピックや大阪万博に備え、これに追い付こうと優遇税率を設定するなどしている。

現金での釣銭などが発生しないため、購入時のやり取りの簡易化などができる一方、決済端末が利用できる事が前提であるため、北海道胆振東部地震による停電時には支払いができないとして問題になった。非常用の現金も併せて持っておこう。

各種の方式[編集]

クレジットカード[編集]

カード会社から消費者に発行されたカードを、店頭の端末に通したり、カード番号の入力によって決済し、後日銀行口座から引き落とされる方式。

消費者は決済額より指定の割合をポイントとして受け取り、特典などに交換できるのが一般的。

交通系電子マネー(ICカード)[編集]

地域・会社別にSuica(JR東日本系)、PASMO(東京私鉄系)、ICOCA(JR西日本系)など数十種類が発行されているが、概ね相互利用が可能で、1枚持っていれば多くの場所で使える。

もともとは鉄道・バスの料金支払いが目的だが、コンビニエンスストア等でも使え、小額決済に多く使われる。事前に2万円までをカードに入金(チャージ)し、その残高から逐次支払う。

ポイント還元などはないが、消費税の8%化に伴い、一部の電車・バスの支払いでは、数円割安になる。

残高は自動販売機や専用のデバイス、あるいはNFC対応の携帯電話と専用アプリにて確認することとなる。

コンビニ系電子マネー[編集]

nanaco(セブンイレブン)、Tマネー(ファミリーマート)などが存在。事前に入金した残高から支払う方式は交通系電子マネーと変わらない。ただし、コンビニ等での決済時に指定の割合をポイントとして還元され、チャージに使ったり支払いに充当できる。

交通系電子マネーと併せて、自動販売機やコインパーキングの支払いに使える場所もある。

残高は自動販売機や専用のデバイス、あるいはNFC対応の携帯電話と専用アプリにて確認することとなる。

QRコード決済[編集]

中国を本拠地とするアリペイやウィーチャットペイ、日本発のオリガミペイなどがある。店頭に置かれたQRコードを読み取ることで、決済が完了する。

事前にスマートフォンにアプリを導入し、銀行口座やクレジットカードを登録する。買い物の際に店頭のQRコードを読み取ったり、自身のアプリからバーコードを表示してレジにて読み取ることで、登録した口座やカードから支払える仕組み。

ポイント還元などはサービスによる。また、一部のサービスでは特定の店舗での支払いが割引になったりするクーポンを配布している。

チャージが不要なため、残高を気にしなくて良い一方、携帯の充電が切れたら使えない。もちろん。

  1. 日本が安全だから?キャッシュレスが進まないワケ NIKKEI STYLE、2018/10/22、2018/10/24閲覧