オグリキャップ

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
オグリキャップ
画像募集中.png
品種サラブレッド
性別
毛色芦毛
生誕1985年3月27日
死没2010年7月3日(25歳没・旧表記)
ダンシングキャップ
ホワイトナルビー
母の父シルバーシャーク
生国日本国旗.png日本北海道三石郡三石町
生産稲葉不奈男
馬主小栗孝一
→佐橋五十雄
→近藤俊典
調教師鷲見昌勇(笠松
→瀬戸口勉(栗東
競走成績
生涯成績32戦22勝
内訳
地方競馬)12戦10勝
中央競馬)20戦12勝
獲得賞金9億1251万2000
 
勝ち鞍
GI 有馬記念 1988年・1990年
GI マイルCS 1989年
GI 安田記念 1990年

オグリキャップは、日本競走馬である。馬名は馬主の小栗孝一氏が使用する冠名オグリと父のダンシングキャップから。

誕生時には右前足が大きく外向しており、直後はなかなか立ち上がれず、競走馬としてきちんとデビューできるかどうか不安視された。そこで稲葉不奈男牧場長は幼名としてハツラツと名付け、無事に成長するよう願いを込めた。

母馬のホワイトナルビーは母乳の出があまりよくない上に授乳を嫌がったが、雑草だろうが構わず食べるハツラツの食欲の旺盛さによって2歳の頃には他馬に見劣りしない馬体へ成長を遂げた。

1987年1月28日、笠松競馬場の鷲見昌勇厩舎に入厩し、オグリキヤツプの馬名で登録[1]

5月19日のデビュー戦では2着に敗れるものの、実戦経験を積んだオグリキャップはメキメキと実力を上げ、笠松時代には12戦10勝を収める。

1988年、オグリキャップは小栗孝一から佐橋五十雄へ売却され、中央競馬へと移籍。中央での初戦となったペガサスステークスで優勝を収めるとここでも快進撃を続け、毎日王冠まで6連勝を達成。

地方から中央への移籍後、タマモクロスに敗れるなど惜敗したこともあったが、第35回有馬記念を最後に引退するまで生涯32戦22勝という好成績を納めた。

とにかくよく食べることで有名で

  • 一度飼い葉桶に顔を突っ込んだら食べ終わるまで顔を上げない。唯一の例外はジャパンC出走予定の牝馬ホーリックスが自身の馬房の前を通り、近くで曳き運動をしていた時だけ
  • 1日の食事量は平均的な競走馬の食事量のおよそ倍。
  • 放牧地から厩舎に戻るまでの間に道草を食う
  • 内臓も強く、燕麦も綺麗に消化していた

などのエピソードが有名。

精神的にもタフで、現役時代から大量のフラッシュを浴びても平然としていた。一方、レースで負けると勝ち馬を睨みつけて動かないという負けず嫌いな一面も持っていた。

脚注[編集]

  1. 当時地方競馬では馬名に促音・拗音を使用できなかった。解禁は1990年。