Encyclopedia

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
移動先: 案内検索
Encyclopedia
開設2018年7月24日
ウィキシステムMediaWiki
ホスティングサービスMiraheze
分野倉庫・難民収容
言語日本語
サーバー所在国アメリカ合衆国オランダ
使用時刻世界標準時(UTC)
現状記事増加中

Encyclopedia(エンサイクロペディア)とは、ウィキペディアエンペディアから今まさに消えようとしている記事の救済インポートを目的とする、謎の最終処分場もどきである。誤認ブロック、無差別ブロック、無期限ブロックなので編集できないウィキペディア日本語版の難民を受け入れるという方針も併せ持つ。

概要[編集]

元々はプログラマリオにより、Ourmediaのウィキの一つとして創設されたが、Ourmediaには「自由な百科事典」を称するOurpediaが存在していたため、このサイトの存在理由は全くもって不明であった。氏の失踪により事実上の運営権を継承した開拓者らも本サイトの処遇については閉鎖寄りの考えが多かったが、冒頭に記載された二大方針が確立されたウィキとして再出発した。

開拓者の引退後はFusianasan1350にビューロクラット権限が付与されて現在に至る。

ロゴ[編集]

ロゴは純正品から変更されていない。

移入・インポート[編集]

Encyclopediaオリジナルの記事はほぼ存在しない。Encyclopedia管理者によって、ウィキペディア等で削除議論中・即時削除待ち・リダイレクト済みの記事が書き出され、Encyclopediaにインポートされてくる。ウィキペディアから救済インポートされた記事については、Miraheze標準のCC BY-SA 4.0に加え、ウィキペディアのCC BY-SA 3.0のライセンスも適用される(デュアル・ライセンス)ため、膨大な履歴のある記事をエンペディアにエスケープ転載する際に履歴継承を簡略化することができるという副次的な効果も見込まれる。

削除寸前の記事というものは、基本的に何かしらの問題を抱えていることが多い。これらの記事の体裁を整えてからエンペディアに移入、という使い方もできそうである。

もっと多くの人に使ってみてほしいなあ

記事はどこへ行くのか[編集]

さて、ここに持ち込まれた記事はどうなるのか。実のところ、殆どの記事は取り込まれたあとそのまま放置されている。現時点では岡村潤那のみ記事が唯一改稿後の再移入を経験した例となっているが、その他については手付かずといっていい。修正のペースが追いつかず、持ち込まれる記事も多い、そして何よりアクティブな利用者が1人という点が厳しい。

脚注[編集]


関連項目[編集]