西春町

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
にしはるちょう
西春町
日本国旗.png日本
地方東海地方
所属愛知県西春日井郡
人口3万4347 人
面積9.98 km2
Wikipedia-logo.png西春町

西春町(にしはるちょう)は、愛知県西春日井郡にかつて存在したである。平成18年(2006年3月20日師勝町と合併し北名古屋市となったことで消滅した。

概要[編集]

明治39年(1906年)に九之坪村上拾箇村下拾箇村が合併して西春村が誕生する。昭和38年(1963年11月に町制を施行して西春町が誕生した。

戦前期から米作を中心とした純農村地であり、名古屋市に隣接していたため、戦後の昭和40年(1965年)頃から人口が爆発的に増加し、名古屋市のベッドタウン化した。従来は米作中心の農業が主要産業であり、兼業化も進み、ホウレン草や枝豆、ネギなどの栽培が盛んに行なわれた。

また名古屋市に隣接しているため、昭和30年代後半から中小企業の誘致が進められ、化学工業や機械工業などの諸工場が立地している。

平成18年(2006年)3月20日、師勝町と合併し北名古屋市となったことで消滅した。

西春町の特産品[編集]

西春町の名所[編集]

教育[編集]

大学[編集]

高校[編集]

中学校[編集]

  • 西春町立西春中学校
  • 西春町立白木中学校
  • 西春町立天神中学校

小学校[編集]

  • 西春町立西春小学校
  • 西春町立五条小学校
  • 西春町立鴨田小学校
  • 西春町立栗島小学校
  • 西春町立白木小学校

交通[編集]

鉄道[編集]

道路[編集]

出身有名人[編集]

人口の変遷[編集]

平成9年(1997年)の西春町の人口3万2847人。合併直前の平成18年(2006年)3月1日の人口は3万4347人である。