袁夫人

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
移動先: 案内検索

袁夫人(えんふじん、生没年不詳)は、後漢末期から三国時代にかけての女性孫権側室[1]

生涯[編集]

袁術の娘で袁燿の姉妹に当たる[1]199年に袁術が死去してその一族が劉勲の下に身を寄せ、さらに劉勲がすぐに孫策に敗れて追放された際には孫策の庇護下に置かれた[1]200年に孫策が死去すると一族は孫権に庇護され、彼女は孫権の側室となった[1]

呉歴』によると彼女は父親と違って人格者だったようで、良妻だったという。ただ子供運には恵まれず、そのため孫権は他の妻妾が生んだ子息を袁夫人に育てさせたが、それらは全て早世したという。孫権が寵愛した歩夫人238年に死去すると、孫権は袁夫人を皇后に立てようとしたが、彼女は自分に子供がいないことを理由に辞退したという。

二宮の変により孫亮皇太子になると、その生母である潘皇后からかつて孫権に寵愛された事を嫉妬され、袁夫人ら多数の妃嫔を誹謗中傷している。

一説に潘皇后からかつて孫権に寵愛された事を嫉妬され、讒言により殺害されたともいう[1]。事実なら没年は250年から252年の間と推測される。

三国志演義』には登場しない。

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 小出『三国志武将事典』P412

参考文献[編集]