立川広己画伯個展・出展 令和2年 (2020年)

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia-logo.pngウィキペディア立川広己画伯個展・出展 令和2年 (2020年)の項目があります。

立川広己画伯個展・出展 令和2年 (2020年)とは、令和2年 (2020年) 以降に、洋画家立川広己画伯が開催する個展、及び出展招待された絵画展、その他、展示会等への出展の総称をいう。

概要[編集]

 代表作群の一角『薔薇図』『華麗なる花々シリーズ(花シリーズ)』から、『の作家』と評価されている洋画家立川広己画伯[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10]薔薇図』『華麗なる花々シリーズ(花シリーズ)』以外の代表作群『JAZZシリーズ(ジャズシリーズ)』、国内外風景画、人物画、その他様々な新作作品も発表。 洋画家立川広己画伯』の作品発表方法の中心は、全国著名デパートや画廊で開催される個展、及び全国各地から出展招待され続ける絵画展への出展(『立川広己画伯個展』)。これら『立川広己画伯個展』は精力的に開催され、年間を通じて開催される『立川広己画伯個展』は、例年、相当数の開催出展数にのぼり、特徴的である。[11][12]

 時間の許される限り、作家『立川広己画伯』本人が、招待絵画展をも含む『立川広己画伯個展』会場へ自ら出席、在廊。 立川広己画伯本人が出席された個展等会場においては、 観覧者が、作家本人の口から作品紹介や、作品について話を直接聴けたり、 時としてあらかじめ予定された作家自ら行うライブパフォーマンスを入場無料で観覧出来たりする機会がある。 これらの側面を捉えると、『立川広己画伯個展』会場は、 立川広己画伯の会いに行ける洋画家、会いに行けるアーティストとしての側面を色濃く反映しているといえる。

 『立川広己画伯個展』開催への美術芸術界における芸術性評価、人気、関心度から、 時折行われる開催中個展のもようのテレビ放映の他、新聞雑誌取材、 特に、美術専門雑誌を中心として『立川広己画伯個展』開催が記事紹介されることが多い。 各記事内では、個展の開催、出展作品の一部紹介や、批評講評など、多くの情報が掲載され、 芸術家としての言葉『立川広己画伯語録』も生まれ蓄積され続ける。

 以下、『立川広己画伯個展』・出展 令和2年 (2020年) を紹介する。[13][14][15][16][17][18][19][20][21][22][23][24][25][26][27][28]

立川広己画伯個展・出展 令和2年 2020年[編集]

2020年(令和2年)『立川広己画伯個展』・出展


洋画家立川広己画伯個展・出展の詳細[編集]

立川広己画伯個展

立川広己画伯作品類型[編集]

立川広己画伯作品類型[30][31]

脚注[編集]

  1. 洋画家立川広己画伯紹介頁
  2. 正光画廊・公式頁「立川広己」紹介頁。令和元年2019年11月閲覧
  3. シバヤマ・公式頁「立川広己」紹介頁。令和元年2019年11月閲覧
  4. アート買取協会・公式頁「立川広己」紹介頁。令和元年2019年11月閲覧
  5. 小竹美術・公式頁、立川広己「薔薇」頁。令和元年2019年11月閲覧
  6. アンシャンテ(Enchanteart)公式頁、「立川広己」紹介頁。令和元年2019年11月閲覧
  7. 神奈川県横浜市、横浜高島屋資生堂パーラー前特設会場にて立川広己画伯個展開催。2010年(平成22年)11月10日(水)~11月15日(月)。立川広己展―薔薇を描く―。立川広己画伯来場。令和元年2019年11月閲覧
  8. 富山県氷見市、明文堂書店氷見店カフェ内特設会場にて立川広己画伯個展開催。2010年(平成22年)10月29日(金)~10月31日(日)午前9時~午後7時。鮮烈な花々のシンフォニー、立川広己・油彩画展覧。立川広己画伯来場。『人気画家が描く剱岳展』同時開催。令和元年2019年11月閲覧
  9. 西日本放送。高松三越本館5階美術画廊 2013年(平成25年)4月23日(火)~4月29日(月・祝)立川広己 洋画展・RNCRadio1449kHzラジオカーリポートより。2019年11月閲覧
  10. 洋画家立川広己画伯作品群『花シリーズ』」。令和元年2019年11月閲覧
  11. 画集「立川広己新作集―時を歩く―」一枚の繪2015年(平成27年)3月発行
  12. 画集「画業45周年をこえて、立川広己の世界展―華と風景―」一枚の繪2019年(平成31年)1月発行
  13. 美術専門雑誌「美術の窓」2013年(平成25年)2月号 216頁、217頁、218頁、等
  14. 美術専門雑誌・月刊誌「一枚の繪」2017年(平成29年)2月号 ―洋画家立川広己―「現代を生きる作家として」
  15. 洋画家立川広己画伯作品群『花シリーズ』。令和元年2019年11月閲覧
  16. 東京・銀座の画廊、ギャラリー一枚の繪。2017年(平成29年)2017年2月13日(月)~2月25日(土)立川広己展―わが心の残像―立川広己画伯個展紹介頁。令和元年2019年11月閲覧
  17. 『洋画家立川広己画伯個展』。令和元年2019年9月閲覧
  18. 現代美術家・画家立川広己画伯。令和元年2019年11月閲覧
  19. 専業画家立川広己画伯。令和元年2019年11月閲覧
  20. 洋画家『立川広己』画伯。令和元年2019年11月閲覧
  21. 美術専門雑誌・月刊「一枚の繪」2017年(平成29年)2月号―洋画家立川広己―「現代を生きる作家として」より
  22. 立川広己画伯作品群「JAZZシリーズ」令和元年2019年11月閲覧
  23. 美術専門雑誌・月刊誌「一枚の繪」2009年12月号、No460「立川広己のAKA(赤)」51頁~59頁
  24. 『立川広己の世界』。令和元年2019年11月閲覧
  25. 美術専門雑誌「美術の窓」生活の友社 No.433、2019年10月号、182頁、天満屋福山店開催個展、立川広己の世界展
  26. 美術専門雑誌「一枚の繪 2019年(令和元年)10・11月号 2019 Oct.‐Nov. No.576」 内の「アートニュース」欄、92頁
  27. 美術専門雑誌、月刊誌「一枚の繪」2019年(令和元年)10・11月号頁。令和元年2019年11月閲覧
  28. 美術専門雑誌・月刊誌「一枚の繪」2015年3月号「アーティスト・ナウ VOL.82 立川広己 ― ヨーロッパ風景と古木。悠久の時に磨かれてきた美を、独自のモダニズムで表現 ― 原点への回帰」より。東京・銀座の画廊、ギャラリー一枚の繪にて2015年(平成27年)3月2日(月)~3月14日(土)個展、―時を歩く― 立川広己展
  29. 2020年(令和2年)1月15日(水)~1月21日(火)さいたま市浦和区、伊勢丹浦和店、7階、美術画廊にて、「立川広己展」。一枚の繪公式サイト内。令和元年2019年11月閲覧
  30. 洋画家・専業画家、立川広己画伯
  31. 洋画家・現代美術家、立川広己画伯
  32. 洋画家立川広己画伯作品群『薔薇図』。令和元年2019年11月閲覧
  33. 立川広己画伯作「赤い盛花」
  34. 立川広己画伯作「幸せの黄花」
  35. 立川広己画伯作「幸せのミモザ」
  36. 立川広己画伯作「真紅のバラ」・「真紅の薔薇」・「深紅のバラ」・「深紅の薔薇」
  37. 立川広己画伯作品群『花シリーズ』。令和元年2019年9月閲覧
  38. 洋画家立川広己画伯作品群『花シリーズ』」。令和元年2019年10月閲覧
  39. 立川広己画伯作『赤富士』・紅富士・赤不二。令和元年2019年9月閲覧
  40. 立川広己画伯作「ピナイサーラの滝」
  41. 立川広己画伯作「ピナイサーラの滝」
  42. 立川広己画伯作『JAZZの中の裸婦』。令和元年2019年9月閲覧
  43. 立川広己画伯作品群「JAZZシリーズ」令和元年2019年9月閲覧
  44. 立川広己画伯作「ジャズと赤バラ」令和元年2019年9月閲覧
  45. 立川広己画伯作「助けてください」令和元年2019年9月閲覧
  46. 立川広己画伯作「浮遊する物体」
  47. 立川広己画伯作「浮遊する物体」
  48. 立川広己画伯作「横たわるトルソ」
  49. 立川広己画伯作「大地が割れる」令和元年2019年9月閲覧
  50. 立川広己画伯作「終美」
  51. 立川広己画伯作「戦うトルソ」令和元年2019年9月閲覧
  52. 『立川広己画伯語録』。令和元年2019年9月閲覧
  53. 『立川広己の世界』。令和元年2019年9月閲覧
  54. 『東京・銀座・ギャラリー一枚の繪・立川広己画伯個展・平成27年2015年3月』。令和元年2019年9月閲覧
  55. 『東京・銀座・ギャラリー一枚の繪・立川広己画伯個展・平成29年2017年2月』。令和元年2019年9月閲覧
  56. 『東京・銀座・ギャラリー一枚の繪・立川広己画伯個展・平成31年2019年1月』。令和元年2019年9月閲覧
  57. 『仙台・藤崎・立川広己画伯個展・令和元年2019年6月~7月』。令和元年2019年9月閲覧
  58. 『福山・天満屋・立川広己画伯個展・令和元年2019年10月』。
  59. 『洋画家立川広己画伯個展』。令和元年2019年9月閲覧
  60. 洋画家立川広己画伯紹介頁

関連項目[編集]