模擬原爆

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia-logo.pngウィキペディア模擬原爆の項目があります。

模擬原爆(もぎげんばく)とは、太平洋戦争末期にアメリカ軍が原子爆弾の投下を目的として編成した特殊部隊に、1945年7月20日から8月14日にかけて、北海道九州を除く18の都府県に投下した合計49発の爆弾のことをいう。これら投下された爆弾は8月9日に投下されたプルトニウム型原爆ファットマンとほぼ同じ形状と重さで、爆弾の形などから日本ではパンプキン爆弾と呼ばれた。この爆弾の中には通常の爆薬が詰められており、この模擬爆弾で日本ではおよそ400名以上が死亡したと見られている。ちなみに、長崎市に原子爆弾が投下される前日の8月8日には福井県敦賀市愛媛県宇和島市三重県四日市市徳島県内などに落とされている。

外部リンク[編集]