佐々木禎子

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
移動先: 案内検索

佐々木 禎子(ささき さだこ、昭和18年(1943年1月7日 - 昭和30年(1955年10月25日)は、日本広島市に住んでいた原爆被爆者であり、原爆の子の像のモデル[1]

概要[編集]

小学校の社会の授業にも出てくる人物。昭和20年(1945年8月6日広島県の自宅で2歳の時に被爆する。

昭和29年(1954年)の健康診断では問題なしと診断されたが、被爆から10年後の昭和30年(1955年)2月16日亜急性リンパ腺白血病と診断された。広島赤十字病院で入院したが、「最後は何が食べたい?」と父親にきかれ、「お茶漬けが食べたい」といい、父親がお茶漬けを急いでつくって、禎子に食べさせると、一口二口食べさせると、「おいしかった」といい、その直後に亡くなった。

2004年7月25日、国立広島原爆死没者追悼平和祈念館に遺影が登録された。

参考・注釈[編集]