佐々木禎子

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
Jump to navigation Jump to search

佐々木 禎子(ささき さだこ、昭和18年(1943年1月7日 - 昭和30年(1955年10月25日)は、日本広島市に住んでいた原爆被爆者であり、原爆の子の像のモデル[1]

概要[編集]

小学校の社会の教科書に登場する人物[ソース求む!]。昭和20年(1945年8月6日広島県の自宅で2歳の時に被爆する。

昭和29年(1954年)の健康診断では問題なしと診断されたが、被爆から10年後の昭和30年(1955年)2月16日ABCC(原爆傷害調査委員会)による調査により亜急性リンパ性白血病亜急性リンパ腺白血病と診断された。広島赤十字病院で入院した。昭和30年(1955年)5月、入院中の大倉記代(当時14歳)と同室になった。同年8月に高校生から広島赤十字病院に折り鶴が贈られたことをきっかけに、千羽鶴を折ると元気になれると信じ、大倉記代とともに鶴を折り始めた。折った鶴は8月下旬に2人とも千羽に達し、大倉は退院した。

奇しくも原爆から10年後の8月6日には禎子は歯茎から出血するようになった。「最後は何が食べたい?」と父親にきかれ、「お茶漬けが食べたい」といい、父親がお茶漬けを急いでつくって、禎子に一口二口食べさせると、「おいしかった」といい、その直後に亡くなり、12歳の短い生涯を閉じた。

平成16年(2004年7月25日国立広島原爆死没者追悼平和祈念館に遺影が登録された。

死後に書かれた佐々木禎子を題材とした、エレノア・コア『サダコと千羽鶴』[2]、カール・ブルックナー『サダコは生きる』[3]は世界で読まれている。

参考・注釈[編集]

  1. 佐々木禎子の生涯
  2. Eleanor Coerr(2004)"Sadako and the Thousand Paper Cranes",Puffin Books
  3. Karl Bruckner(2005)"Sadako Will Leben",G + G Buchvertriebsges.