川崎富作

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia-logo.pngウィキペディア川崎富作の項目があります。

川崎 富作(かわさき とみさく、1925年大正14年〉2月7日 - 2020年令和2年〉6月5日)は、日本医師。医学博士。専門は小児科臨床。川崎病の発見者として知られる。

人物・来歴[編集]

東京府東京市浅草区浅草出身。

1948年昭和23年)に千葉医科大付属医学専門部(現在の千葉大医学部)を卒業後、東京都の日赤中央病院(現在の日赤医療センター)小児科の勤務医となる。

1961年(昭和36年)に高熱湿疹などを特徴とする見慣れない病気の存在に気づき、症例を集めて研究を進め、その結果6年後の1967年(昭和42年)に「急性熱性皮膚粘膜リンパ節症候群」という新しい病気だとする論文を発表。その後、この病気は川崎の苗字をとって川崎病と名付けられた。川崎病の原因についてはウイルスや細菌とする説もあるのだが、決定的な証拠が無いので未だに不明としか言いようがない。ただ、治療法そのものはほぼ確立しているので、川崎の功績は大きい。ただし、この治療は必ずしも全てに有効というわけではなく、万が一の場合には心臓後遺症が出る可能性も指摘されている。また、欧米では2020年新型コロナウイルスCOVID-19)に感染した子供の中に、川崎病に似た症状が報告されている。

1990年平成2年)に日赤医療センターを退職。その後は川崎病研究情報センター(現在の日本川崎病研究センター)の所長に就任し、さらに理事長や名誉理事長に就任した。

1991年(平成3年)に日本学士院賞、2006年(平成18年)4月には第1回日本小児科学会賞を受賞した。2010年(平成22年)に東京都名誉都民に選ばれている。

2020年(令和2年)6月5日午後、老衰のため、東京都内の病院で死去。95歳没。葬儀は家族葬で営まれた。後日、「お別れの会」を開く予定である。

著作[編集]

  • 『川崎病(MCLS)研究のあゆみ : 病因診断から治療まで』 川崎富作, 草川三治, 重松逸造 編集、近代出版、1976年。ISBN 978-4309251806
  • 川崎富作 著 『川崎病』 金原出版〈金原医学新書〉、1979年
  • 『赤ちゃん百科 : お誕生から3歳』 高橋悦二郎, 川崎富作監修、小学館〈ホーム・ジャポニカ〉、1981年
  • 『川崎病ってどんな病気? : 川崎富作先生講演集会 記録』 川崎富作 講演、川崎病の子供をもつ親の会〈親の会双書1〉、1983年
  • 『川崎病』 川崎富作 ほか 共編、南江堂1988年
  • 川崎富作 著 『運・鈍・根・感・厳 : 大学受験落第生のたわごと』 産業開発機構、1990年3月
  • 古谷博 川崎富作 著 『母子健康科学 2』 放送大学教育振興会放送大学教材〉、1991年
  • 『川崎病の診断と治療 : 心血管障害を中心に』 神谷哲郎 編、日本臨牀社1994年3月
  • 『川崎病は、いま : 聞き書き川崎富作』 川崎富作 述, 細川静雄, 原信田実 編著、木魂社、2006年
  • 『川崎病の基本 = Kawasaki Disease』 川崎富作総監修 ; 浜岡建城, 上村茂監修 ; 日本川崎病学会作成、協和企画 (発売)、2015年5月
  • 川崎富作:「現場から学ぶ川崎病発見の経緯」、第39回日本小児感染症学会特別講演4、小児感染免疫、Vol.20, No.1, pp.51-55 (2008).

関連項目[編集]