心臓

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

心臓(しんぞう、英:Heart)とは、血液の循環を司るポンプ及びそのコントロールユニット。

概要[編集]

心臓はその役割ゆえに特に重要な器官で、不具合が発生すると命に直結する。

摘出しても一定時間は稼働し続けるため、から切り離されてもある程度は自立して稼働できるよう設計されている事が分かる。

そもそも心臓はまだ脳が無い時点から形作られるから当然、か。

主な構成要素[編集]

心筋(しんきん)

詳細は「jawp:心筋」を参照

物理的に心臓の鼓動を作り出している特別な筋肉。電気刺激により収縮する。
体の運動量に応じて心拍数は変動する。
心筋の電気的な活動により磁場が発生し、電磁波となって他人に伝播する、みたいな説も確かあった。
冠動脈(かんどうみゃく)

詳細は「jawp:冠動脈」を参照

心筋に血液を送る重要な動脈。
4つの部屋と4つの弁

jawp:右心房」、「jawp:右心室」、「jawp:左心房」、「jawp:左心室」も参照

jawp:三尖弁」、「jawp:肺動脈弁」、「jawp:僧帽弁」、「jawp:大動脈弁」も参照

血流をコントロールするための機構。
全身を巡った血液は右心房に到着し、三尖弁を通過して右心室に至り、肺動脈弁を通過してへ送られる。
から戻ってきた血液は左心房に到着し、僧帽弁を通過して左心室に至り、大動脈弁を通過して全身へ送られる。
ニューロン

詳細は「jawp:ニューロン」を参照

心臓も脳のようにニューロンを約4万も持つらしい。高い知能や学習能力を持つと考える人もいる。
心臓の事を書くと自分の事が書かれている、と心臓自体が認識して心拍数が変動するような事があれば、それは脳でも容易に認識可能。
ニューロンがあるなら人格を有していても不思議ではない気はする。少なくとも移植により記憶転移が発生するのはニューロンがあるなら当然な気はする。
脳とは神経的な接続があり、常に心臓は脳に情報を送っているとする見方もある。心臓は体内の各種ホルモン等をモニタリングしているという説もあるため、それに基づいた報告を脳に伝えているのかもしれない。
言語中枢は心臓ではなく脳にあるとされるため、言語化できない感覚的な通信は、もしかすると心臓から脳に来ているのかもしれない。例えるならArduinoRaspberry Piで通信させる場合を考えると、I2Cを使うみたいに、何かプロトコルがあるとは思うけど。良く分からないけど涙が溢れるという反応は心臓に起因するものなのかもしれない。
心臓の人格の性格はきっとチキン。(生存第一主義じゃないとまぁ困るし、あんまりアグレッシブだとすぐ消耗しそうだし。)[Jokeこの一文には冗談が含まれています。真に受けるかどうかはあなた次第です。]

心臓と感情について[編集]

感情の起伏だけでも心拍数は変動する。むしろ感情は心臓が作り出していると考える人もいる。

悲しい時に「胸が締め付けられる」という表現をする場合があるが、もしかしたら本当に実際に心臓に影響が出ているのか…?

ペースメーカーについて[編集]

詳細は「jawp:心臓ペースメーカー」を参照

心臓の機能を補う人工物。電気刺激により心筋に作用し、心拍を正常に保つ働きがある。

その役割ゆえに不具合が発生すると命に直結する。

関連項目[編集]

他事典リンク¦ウィキペディア ¦ピクシブ百科事典 ¦ニコニコ大百科 ¦アンサイクロペディア ¦コトバンク