川崎優

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

川崎 優(かわさき まさる、大正13年(1924年4月19日 - 平成30年(2018年11月29日)は、日本の作曲家指揮者常葉大学名誉教授

生涯[編集]

広島県広島市出身。父はオペラ歌手の川崎豊昭和20年(1945年8月6日広島市広島市の原爆投下する。この経験から、広島市の委嘱で作曲した「祈りの曲」の「第1哀悼歌」は毎年8月6日の広島市の平和記念式典で演奏される。昭和45年(1970年)の大阪万博の公式マーチも作曲した。

平成30年(2018年)11月29日午後2時30分、老衰のため、東京都世田谷区病院で死去した。94歳没。

主な作品[編集]

管弦楽[編集]

  • フルートと管弦楽のための三楽章(1953年、第22回日本音楽コンクール入賞)
  • オーケストラの爲の組曲(1955年)
  • 組曲「わらべうた」(1956年)
  • 日本民謡を素材とする交響曲(1957年、TBS委嘱作品)
  • 祈りの曲「哀悼歌」(1975年、5つのパーカッションを伴う2管編成版)

吹奏楽[編集]

  • 行進曲「希望」(1963年、『March Ray of Hope』)
  • WARABE-UTA(1966年)
  • 万博マーチ(1969年、大阪万博公式マーチ。)
  • 祈りの曲第1「哀悼歌」(1975年、『Prayer Music No.1 "Dirge"』)
    毎年8月6日広島平和記念公園で行われる広島平和記念式典の際に演奏される曲として知られる(川崎自身も広島被爆者の一人である)。
  • キューピッドのマーチ(1983年、『March Jugend Parade』)

弦楽器[編集]

  • 弦楽四重奏曲(『String Quartet』)
  • 弦楽三重奏曲(『la improvvisazione』)

校歌[編集]

外部リンク[編集]