大将軍

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大将軍(だいしょうぐん)とは、中国官位である[1]。大将軍とあるため軍事上のみの官位と思われがちだが、実際には政務の統括も職務の一つであり、軍事と国政の統括を職務とし、地位は三公より上位とされる最高官である[1]。大将軍府には軍師長史司馬従事中郎主簿参軍などの属官が置かれた[1]三国時代には全ての国に設置された[1]後漢では外戚が就任するケースが多く、三国志の幕開けの際の大将軍である何進はその一例である[1]。三国で著名な人物として夏侯惇曹仁が、では孫権陸遜などが就任している[1]

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 中国の思想刊行委員会『三国志全人名事典』徳間書店、1994年、421頁

関連ページ[編集]

参考文献[編集]