北条綱房

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
Jump to navigation Jump to search
Wikipedia-logo.pngウィキペディア北条綱房の項目があります。

北条 綱房(ほうじょう つなふさ、大永元年(1521年) - ?)は、戦国時代武将後北条家の家臣。

略歴[編集]

父は福島正成伊勢九郎。母は養勝院殿朝倉氏[1]。兄に北条綱成。妹に松田盛秀夫人。系図や軍記類では福島伊賀守勝広として記録されている[1]

兄・綱成と同じように北条氏綱から偏諱を受け、同時に後北条家の一族として待遇されている[1]。幼名は弁千代[2]。仮名は孫次郎[1]。官途は刑部少輔[1]

史料などから妻帯していたと見られるが[3]、早くに史料から確認できなくなっているため、早世したものと見られている[4]。子孫の存在も確認されていないため、実子も無かったものと見られている[4]

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 『戦国北条家一族事典』 戎光祥出版。2018年。P149
  2. 豆相記
  3. 『江島遷宮寄進注文』に「孫次郎殿御内」とある。
  4. 4.0 4.1 『戦国北条家一族事典』 戎光祥出版。2018年。P152

参考文献[編集]