ハンス・ウルリッヒ・ルーデル

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Uncyclopedia.pngアンサイクロペディアのゆかいな仲間たちがハンス・ウルリッヒ・ルーデルの項目を面白おかしく執筆しています。
Wikipedia-logo.pngウィキペディアハンス・ウルリッヒ・ルーデルの項目があります。
ニコニコ大百科ではプレミアム会員がお金をかけてまでハンス・ウルリッヒ・ルーデルの記事を執筆しています。

ハンス=ウルリッヒ・ルーデルHans-Ulrich Rudel1916年7月2日 - 1982年12月18日(満66歳没))は、第2次世界大戦で活躍したドイツ空軍の急降下爆撃機のパイロット。

概要[編集]

500両以上のソ連戦車を破壊した戦車破壊王。

爆撃機のパイロットでありながら敵機を9機撃墜した撃墜王でもある[1]

ナチス・ドイツの最高勲章である黄金柏葉剣付ダイヤモンド騎士鉄十字章を受章した唯一の軍人である。

片足を失いながらも戦い続けた。主に東部戦線で活躍しロシア陸・空軍に多大な損害を与えたため、当時のソビエト連邦書記長スターリンから名指しで「ソビエト人民最大の敵」と呼ばれたと言われている。

主な乗機はユンカースJu-87スツーカ

略歴[編集]

牧師の息子として生まれる。ドイツ空軍に入ったのは子供のころ母親からパラシュートの玩具を貰って飛行機に興味を持ったのが切っ掛けであったという。

敵戦車500両以上を破壊した他、800台以上の戦車以外の車両を破壊。その他、敵の軍艦に大型爆弾を命中させて撃沈したこと3回。しかも出撃を止められても秘密裏に出撃して戦果を挙げていたり、自分の戦果を他の戦友に譲ったり、戦果を過小報告したりしていたとされ、実際の戦果はもっと多かったとされている。

30回も対空砲に撃墜された被撃墜王でもあり、この被撃墜回数の大記録は今後も破られることはないと言われている。

「無理をすると命の保証はない」と言われたこともあるようだが、出撃を我慢する事の方が無理らしいので、言われた通り無理をせず出撃した模様。

その他[編集]

葬儀は、空軍機が上空を飛行し、ネオナチ集団が参列してナチスソングを唄うなど盛大なものであったという。

MAD[編集]

  • 忙しい人のための、ルーデル解説動画。[Jokeこの一文には冗談が含まれています。真に受けるかどうかはあなた次第です。]

脚注[編集]

  1. ドイツ空軍戦闘機フォッケウルフFw-190Dに乗っていた時期がある。 なお、爆撃機搭乗中の戦闘機撃墜は全て後席銃手の射撃によるもの(スツーカの機関砲は敵機への攻撃に不向きなため)。

外部リンク[編集]