サダム・フセイン

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
移動先: 案内検索

サダム・フセイン(Saddam Husayn、1937年4月26日 - 2006年12月30日)は、イラク政治家大統領、革命評議会議長。1979年に政権を掌握して独裁者として君臨。イラン・イラク戦争湾岸戦争を引き起こし、反米活動を繰り返したが、イラク戦争2003年に政権は崩壊し、一時行方不明になる。最後はアメリカ軍に逮捕され処刑された。

生涯[編集]

この節は執筆の途中です この節はまだ執筆途中です。加筆、訂正して下さる協力者を募集中!

注意(編集者向け):エンペディアは2015年1月にスタブを廃止したため(参照議論)、このテンプレートは {{書きかけ節}} に貼り換えてください。

フセインはタクリートの寒村に生まれたが、生まれる前に父親は既に死んでいたので、伯父に匿われて育った。しかし、農業を嫌って家出。バグダッド高校に通い、学生運動に参加する。1957年にアラブの民主主義を主張するバース党に入党。カイロ大学バグダッド大学と学歴を重ねながら反政府活動を繰り返して逮捕、投獄され、1959年に当時のイラクを支配していたアブドルカリーム・カースィム政権下において死刑判決が下り、フセインはエジプトに亡命した。

1963年にアブドルカリーム・カースィムが失政の連続からバース党のクーデターを招いて逮捕、公開処刑されるとフセインは帰国。1968年に再度バース党のクーデターが起こるのを機に台頭し、翌年には革命評議会副議長に就任。1979年にアフマド・ハサン・アル・バクルが辞任すると、大統領と革命評議会議長を兼務の形で引き継ぎ、独裁権を確立した。

しかし翌年にはイラン・イラク戦争を開始。フセインは短期決戦を目論んでいたが8年に渡る長期戦になる。1990年8月には隣国のクウェートに侵攻して併合を宣言するが、これはアメリカ、イギリスフランスソ連などの欧米の大国、アラブ諸国の反発を招いた。

政権崩壊後の10年後の様子[編集]

この動画はインターネットメディアのVICEが取材した映像である。