キラキラ☆プリキュアアラモード

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
移動先: 案内検索

キラキラ☆プリキュアアラモード』は、2017年2月より放送されている日本オリジナルテレビアニメ

概要[編集]

魔法つかいプリキュア!』に続くプリキュアシリーズ14作目となる作品。2016年10月25日の特許出願からタイトルは推測されていたが、2016年11月28日に正式にタイトルが発表[1]。2017年2月5日より放送されている。

『魔法つかいプリキュア!』第50話にて主人公の「宇佐美いちか」が初登場している。

ストーリー[編集]

第1話
母親が帰ってくるということでケーキを作ろうと考えた宇佐美いちか。張り切ってケーキを作ろうとするもうまくいかずにいた。そこに謎の生物であるペコリンが窓から入ってきてぶつかる。お腹がすいていたペコリンは、キラキラルの入っているいちかの失敗したケーキを美味しそうに食べる。そして、いちかはペコリンにケーキの作り方について教えてもらったことで次は無事にケーキをつくることのできたのだった。
ケーキを無事に作れたが、母親は急患が出たことで帰れないかもしれないと聞いて落ち込むいちか。そこにキラキラルを求めてガミーが襲ってくる。いちかが母親のために作ったケーキを奪おうとしたことで、ぺコリンはガミーから守ろうとケーキを持って外に逃げ出す。ぺコリンが襲われたことで、いちかはぺコリンが危ない目に遭わない様に、ケーキをガミーに一度は渡そうとする。しかし、母親への想いがこもったケーキということで、涙がこぼれてきてケーキを渡すことを拒否する。すると、ケーキからキラキラルがあふれてきて、ぺコリンに言われてショートケーキを完成させたいちか。うさぎのショートケーキを完成させると、ケーキはキラキラルの結晶となってキュアホイップに変身する。
キュアホイップに変身したいちかは大ジャンプを見せる。素早く動くガミー相手にも耳で聞いて反応。キラキラルの力でガミーを空彼方までふっ飛ばして倒すのだった。ガミーを倒した後、木の上からかばんが降ってきて中から何者かが出してくれと言うのだった。
第2話
かばんの中からは長老が出てきて、キッチンのある家が出てきた。家はスイーツ工房と呼ばれ、長老はいちかにプリキュアになってみないかと誘う。プリキュアが伝説のパティシエと聞いて、スイーツ作り放題で食べ放題だと思って、プリキュアになることを即決する。
学校でバスケをしていたところ、同級生の有栖川ひまりとぶつかってしまう。そのときには、ひまりは謝りながら、すごい勢いで逃げだしてしまっている。帰宅後、ドでかプリンの広告を見て、急いで店に買いに行ったところでひまりと再び会う。プリンは幼女に買われてしまって売りきりになってしまい、いちかはひまりと一緒に帰る。ぺコリンに作ればいいと言われて、プリンをスイーツ工房で作ることにして、ひまりにもついてきてもらういちか。いちかは、張り切ってプリンを作ろうとするも失敗続き。おどおどしていたひまりだったが、その様子を見て思わず大声で「砂糖が結晶化している」と指摘。思わず矢継ぎ早にプリンのことについて語ってしまうひまり。我に返ったひまりは、過去のトラウマを思い出してしまって、いちかに謝って急いで帰ってしまう。過去にプリンについて語って「その話いるか」と言われた後に別の話題が展開されて「変わってるね」と言われたことを思い出して、ひまりは「またやっちゃった」と呟くのだった。
学校でもいちかのことを何となく避けてしまうひまり。苺坂自然公園のスイーツ工房の様子を見ていたひまりは、いちかが「スイーツの科学」という本を図書館で借りて読んでいたのを見つけて声をあげる。いちかは、ひまりに気づいてプリンの作り方を聞く。これによって、プリンが完成して喜ぶいちか。色々教えてくれて良かったと言ってくれたいちかに、うれし涙を流すひまり。バケツプリンも作って喜び合うのだった。
キラキラルを求めてプリンから奪っていくプルプル。ひまりのプリンも奪おうとしたのを見て、いちかは守るためにプリキュアに変身。しかし、キックがきかずに倒れたところを踏みつけられそうになるキュアホイップ。それを見たひまりは、プリンからできた「スイーツパクト」によってキュアカスタードに変身。キュアカスタードに変身したひまりはスピードが出すぎて転びそうになったところをいちかにお姫様抱っこされる。そして、ひまりの言った友達という言葉を力強く肯定するいちか。それを聞いてキュアカスタードは素早い動きでプルプルを翻弄する。キュアカスタードがプルプルを拘束して、キュアホイップが攻撃を重ねることでプルプルを倒すのだった。敵を倒した後。二人でプリンをたべるいちかとひまりだった。
第3話
いちかとひまりが歩いているとロックバンド「ワイルドアジュール」がライブをしていた。その後、アイスを食べるためにいちかとひまりが並んでいたときに割り込みをされたとき、ボーカルの立神あおいに助けられている。
岬あやねが審査員をするライブの為の曲作りをしていたあおいは、学校の図書室でいちかに助けられる。大声を上げて図書室から慌てて飛び出した後、お互いに自己紹介。あおいはいい曲作りのアイデアが思い浮かぶかもと走っていったため、いちかも一緒に走る。あおいは岬が驚く曲を作ろうとしていたが、いいアイデアが思い浮かばない。それを見てアイスを一緒に食べようと誘ういちかだったが、アイスのキラキラルはホットーによってなくなってしまい、あおいはその場を立ち去るのだった。
バンド仲間にも曲の評判がよくなく、屋上で改めて曲作りをしようとするが進まずにいた。いちかも屋上にやってきて話しかけ、空の雲の形が食べられそうと言い、あおいはふと空のことを思っている。
いちかは曲作りに悩んでいるあおいにアイスを作ってあげようと、ひまりと一緒にアイス作りをする。あおいは満足する曲をライブまでに作れずにいたが、アイスの差し入れを受けて岬のライブの時のような歌を歌いたかったと思いだし、自分の歌を思い出す。そして、本番のライブをしようとしたとき、ホットーがアイスを求めて襲いかかってくる。ひまりといちかは変身して止めようとするが、前進はとまらない。そのとき、あおいがホットーの目の前に立ち、アイスが「スイーツパクト」になってキュアジェラートに変身。ホットーに大声や氷のパンチなどを浴びせて、いちかとひまりとも協力して倒すのだった。
ホットーを倒した後、歌い足りないと会場でライブの続きをするあおいたち。岬もその姿を見てほほ笑んでいる。観客たちも集まり、みんなで盛り上がるのだった。
第4話
シュークリームを食べるひまりといちか。そこにバレーの発表会を明日に控えているという話を日向まりこに聞いて練習を見に行く。あおいもそこにいて、3人でバレーの発表会を見に行くことにするのだった。
まりこの好物であるシュークリームをバレーの発表会に差し入れようと、3人でクッキングにチャレンジする。しかし、最初のシュークリームづくりは焼いている途中にオーブンが途中で開いてしまって失敗。その後も何度もシュークリームづくりにチャレンジするが失敗を重ねてしまう。何度も失敗を重ねた後、ひまりは塾、あおいはバンドの練習に行ってしまうのだった。
シュークリームづくりがうまくいかずに落ち込んで階段を下りていたところ、まりこに会う。いちかはうまく踊れないときにはどうするのかと聞いたところ、まりかは大切な想いの始まりを思い出していると答える。この話を聞いて、いちかはシュークリーム作りをもう一度頑張ってみると思い立つ。ひまりとあおいももう一度みんなと作りたいと戻ってきて、3人でシュークリーム作りを改めてやることになる。今度のシュークリーム作りは成功するのだった。
翌日、シュークリームをまりこに持っていく途中、シュックリーが襲撃してくる。3人はプリキュアに変身して戦うが、シュックリーはプリキュアの攻撃を回転することで無効化。苦戦するプリキュアだが、想いは輝く力になると3人の想いを合わせて戦う。そして、想いを一つにした攻撃はシュックリーにクリティカルヒット。見事にシュックリーを撃退することに成功するのだった。
バレーの発表会前のまりかに無事にスワンのシュークリームを届けることができた3人。まりかはバレーを無事に成功して喜ぶ3人。帰り道、階段をジャンプしながら降りていると、こちらを向いて笑う琴爪ゆかりの姿があった。
第5話
三ツ星にゃんこに触ろうとするも避けられてしまういちか。そこにゆかりがやってくると猫は自ら腹を見せて、ゆかりに撫でられる。いちかは「猫が好きなのか」と聞いてみるも、ゆかりは「好きでも嫌いでもない」と言って立ち去るのだった。その後の中学校でひまりによって猫を撫でていた人の名前が分かり、何でもできる才女ということで評判になっていることが分かるのだった。
再び三ツ星にゃんこに触ろうと奮闘しているいちかは、ゆかりと再会。いちかがチャレンジ精神で猫に挑戦して「何度も挑戦するなんて超センスある」とギャグを言うと、ゆかりは笑いだす。いちかのことを面白いと評価したゆかりは、いちかを連れて歩き出す。服屋で試着したりゲームセンターでクレーンゲームをした後、マカロンを売っているお店に入るも売り切れで買えなかった。いちかは、帰ろうとするゆかりに一緒にマカロンを作ろうと誘うのだった。
いちかはスイーツ工房にゆかりを連れてくる。あおいとひまりも加わってマカロンを作り始まるも苦戦。ゆかりもマカロンつくりを始めるも、見た目は良いが食感が微妙なマカロンが出来上がってしまう。ゆかりは再びマカロンを作っていくも失敗して材料がなくなってしまう。マカロンに一生懸命なゆかりを見て、いちかはマカロンをねこ風にして、ゆかりに渡す。するとゆかりは面白いと笑うのだった。そこにマキャロンヌが現れてマカロンを奪おうとする。いちか、ひまり、あおいの三人はプリキュアに変身して応戦。苦戦している中、ゆかりはいちかの前に立つ。いちかのことを好きだと言うとマカロンがスイーツパクトに変わり、キュアマカロンに変身するゆかり。キュアマカロンは身軽な動きでマキャロンヌを翻弄していき、倒すことに成功するのだった。
ゆかりはいちかに面白いと行って別れると、三ツ星にゃんこが現れる。再び三ツ星にゃんこに触ろうとして失敗したいちかの前に今日から引っ越してきたという剣城 あきらが現れるのだった。
第6話
あきらのことが気になってしょうがないいちか。隣に越してきたあきらに転落しそうになったところを助けてもらってさらにドキドキする。スイーツ工房で顔が熱くなるという話をしたところ、友達も気になって自宅にやってくる。あおいとひまりの計略で、いちかは隣に引っ越してきたあきらにチョコの店に案内することになる。チョコの店に到着すると、あきらは案内してくれたお礼としていちかにチョコをプレゼントしてくれるのだった。
帰りにチョコは病院にいる妹に渡すものだと話すあきら。病院にいる妹のために両親とは離れて暮らしており、今は一人暮らしとなっているあきら。いちかは寂しくないのかと心配するも笑顔を見るだけで幸せになると答える。そこにチョコを狙ってビタードが襲撃してくる。いちかはプリキュアに変身して応戦するも風に飛ばされてしまって、あきらの妹に買ったチョコが奪われてしまう。町中のチョコはビタードによって全滅しており、いちかはスイーツ工房にあきらを連れていく。そして、あきらにもらったチョコを使って新しくチョコを作り上げるのだった。
作ったチョコを持って病院に向かうあきらに再びビタードが襲撃。いちかたちはプリキュアに変身して戦うもパワーアップしたビタードに苦戦。ゆかりもやってくるも苦戦が続いて、攻撃によっていちかの変身が溶けてしまう。プリキュアの正体がいちかと知ったあきらは、敵の攻撃から身をていしていちかを守る。そして、チョコがスイーツパクトに変わり、あきらはプリキュアに変身。いちかがカッコいいとみとれる中、あきらは匂いで敵のことを知りながら戦って勝利するのだった。こうして、チョコを無事に守ることに成功した。
帰宅後もあきらのことを考えるいちか。帰ってきたあきらはチョコを妹も喜んでくれたと報告する。そこでデートに誘おうとしたところ、父親の言葉であきらのことを女の人だと気づくのであった。
第7話
プリキュアも5人そろって。お祝いのためにスイーツ工房でドーナツづくりをするいちか達。しかし、いちかはベーキングパウダを入れ忘れてしまったことでドーナツづくりに失敗する。そこに長老が楽しそうで結構とやってくる。そして、いちご山でスイーツを作っていたときのことを楽しく話す。その話に興味を持ったプリキュアは、長老からいちご山で起こった事件のことについての話を聞くのだった。
妖精たちがスイーツを作っていたいちご山の頂上にキラキラルを狙った悪の妖精がやってきたという話を聞いたプリキュアたち。ぺコリンはその話を聞いて友達の妖精たちに会いたいと行って窓際に行ってしまう。そんなぺコリンを励まそうといちかは作戦を思いつくのだった。
失敗したドーナツを焼いてぺコリンがいないと駄目だと叫ぶいちか。そうしてやってきたぺコリンにドーナツを作るのを手伝ってほしいとお願い。ぺコリンはスイーツを上手に作れないと渋るも、ぺコリンがいちかの最初のスイーツの先生だから大丈夫と励ますいちか。そうして、二人でドーナツを作り上げ、ぺコリンたちの顔の飾りつけをする。ぺコリンに笑顔が戻り、外で見守っていた4人も喜んでいる。
完成したドーナツを持っていちご山の頂上に向かう。ぺコリンはドーナツを置いて他の妖精たちに大声で呼びかけてみるも、その場にはいなくて反応はなかった。しかし、みんなが一緒にスイーツを作っていたときの出来事が幻影のように浮かび上がり、いちかは笑顔を見せている。
お腹がすいてドーナツを一口食べたぺコリンの前にフエールが現れる。フエールはドーナツのキラキラルを奪い、ぺコリンの持つドーナツも奪おうとする。いちかはプリキュアに変身して戦うも、フエールが4人に分身したことで攻撃を受けてしまう。飛ばされたいちかを受け止めるあきら。他の4人のプリキュアも変身して、フエールに一斉攻撃をする。こうして分身がとけたフエールをいちかが攻撃して撃退に成功するのだった。
戦闘後、スイーツ工房をお店にすることを思いつく。スイーツ工房の名前は「キラキラパティスリー」と提案するのだった。
第8話
「キラキラパティスリー」のオープンに向けて動き出すも、いきなりのお菓子作りの失敗でお店が汚れてしまう。店内の掃除をするも店内まで汚れてしまっていた。そんな中、人間に化けた長老が地下通路への道を案内。そこにはキラキラルポットが遺されており、これを使うことでキラキラルを新たな夢に変えることができるという。早速、いちかがキラキラルポットを回してみるとクリームみたいに出てくる。キラキラルを集めてみると自由に形を変えられる。これによって、様々なものを作り出せるということで、みんなでお店作りを始める。あおいはテーブルづくり、あきらはギャルソンを担当。ひまりは材料の買い物をして、ゆかりは色々なものを作ってみる。しかし、みんなのお店作りにむけた作業はうまくいかないでいた。そんな中、児玉えみるがお客さんとしてやってくる。お友達の家に持っていくスイーツを探しているというえみるに、いちかは友達を喜ばせるスイーツを持っていくというのだった。
スイーツを持っていくといったものの、いいアイデアは浮かばないいちか。そんな中、あきらはひまりに一緒に買い物に行こうと提案。ゆかりはあおいにお店に足りないものがあると言ってカウンターを作る。こうして、スイーツ作りに向けた準備が進んでいき、えみるにみんなをイメージしたスイーツを届けるのだった。だが、そこにスポンジンが現れてキラキラルを奪い去ってしまう。いちかたちは大丈夫と、スポンジンを倒しに向かう。スポンジンは長い手を使ってプリキュアを攻撃。まずは、手を何とかしようと攻撃。最後はみんなの一斉攻撃で倒し、キラキラルも無事に戻ってえみるも笑顔となるのだった。
「キラキラパティスリー」の制服を作ってみんなで着る。その後、えみるたちの評判を聞いて、お客さん達がやってくるのだった。
第9話
「キラキラパティスリー」をオープンするもお客さんが来ない。いちかたちは店を移動することにして、公園で店を開くと園児たちにスイーツを次々と求められる。保育園の先生の中村みどりによってその場はおさまり、再び店の移動を始める。次々と店を移動していくも中々いい場所を見つけられない。そんな中、今日の初めてのお客である辰巳だいすけがやってくる。だいすけはクッキーを探していたが、店にはないので代わりにケーキを食べてもらうことにするいちか。だいすけは小学校時代の同級生で大人になって再会したみどりのことが大好きだという話を聞く。いちかは、だいすけの探していたクッキーを作ることを決めるのだった。
いちか達は少し失敗をしつつもクッキーを完成させて、だいすけに渡す。だいすけはクッキーを食べて、みどりに告白することを決意する。そんなだいすけに渡したクッキーのキラキラルを狙ってクッカクッキーが襲撃。いちか達はプリキュアに変身してクッカクッキーを倒すも、クッキーは割れてしまう。それでも苺坂保育園に行ってみどりに会いに行くだいすけ。だいすけは「みどりちゃん、これ、クッキー、大好きです」と告白するも、みどりはクッキーが大好きと話したと勘違いして告白は伝わらなかった。そこで、いちか達は「キラキラパティスリー」を開いてだいすけとみどりを店内に案内する。店内でクッキーを食べながら動物園に行ったときの話をする二人をいちか達は見守るのだった。
第10話
いちご坂スイーツフェスティバルに新作スイーツで参加しようとする。華やかなフルーツタルトを作るために、ゆかりとあきらの二人がフルーツを買ってくることになる。二人は買い物に行くが、スイーツフェスティバルの影響で各地で果物が売り切れになる。二人が買い物に苦戦する中。いちかたちはフルーツタルト作りをしていた。そこにゆかりとあきらのファンである女の子たちがやってくるのだった。
ゆかりとあきらの二人が「キラキラパティスリー」にふさわしくないと言ってくるファンの女の子たち。そして、ファンの女の子たちは二人にもうここにこないようにお願いしてくるというのだった。
ゆかりは宝石店の女の子に優しく接し、あきらはおばあさんの落とし物を必死に探して見つける。そこにファンの女の子たちが二人にもう「キラキラパティスリー」に行かないように説得しに来る。そこにお互いが助けたおばあさんと少女が喜んでいる姿を見かけ、説得には応じずに二人は店まで向かう。
フルーツタルトを作っていたいちかたちの前にタルトーンが襲撃。プリキュアに変身して戦うも苦戦する3人。そこに戻ってきたゆかりとあきらに二人によってタルトーンは撃退される。そして、二人はそのまま隣町まで材料を買いに行き、二人は下の名前で呼び合うようになり、仲良くなるのだった。二人は緑のマスカットと紫のブルーベリー、いちごを買ってきて、スイーツが完成。ファンの女の子たちも含めてみんなで食べるのだった。
第11話
いちかと一緒にいちご坂スイーツフェスティバルについてきたがる源一郎だったが、断られてしまう。いちか達はスイーツフェスティバルで「キラキラパティスリー」に来てもらうべく呼び込みを行う。今まで「キラキラパティスリー」に来たお客もたくさん来て繁盛する。こっそりとついてきていた源一郎は、その様子を見て感動。みんなにも挨拶をして手伝おうとするが、いちかは恥ずかしいからと遠ざける。それにショックを受ける源一郎であった。
フェスティバルの途中、ジュリオの計略で今までの悪の妖精たちが集結。フェスティバルを襲撃していき、いちかたちはプリキュアに変身して戦う。源一郎の持つスイーツも狙って襲撃しようとしたため、いちかは奪わせないと守る。しかし、妖精たちが合体してパワーアップ。プリキュアは劣勢になる。そして、源一郎は拘束されてたたきつけられる。いちかは源一郎に駆け寄り、いちかのために買ったショートケーキを守っていたことを知る。いちかは源一郎の買ったショートケーキを一口食べて、気絶している源一郎に素直になれなくてごめんと謝罪。すると、キラキラルが光りだして妖精に怒るいちか。そして、人々の心で輝きだしてキャンディロッドが誕生。みんなのキャンディロッドによって、悪の妖精を倒すことに成功するのだった。
フェスティバルが再開して、いちかは源一郎に自分の作ったケーキを渡す。ケーキを受け取った源一郎は涙を流して喜ぶのだった。
第12話
学校の屋上で眠気に襲われていたいちか。そんなときに声をかけてきた男子黒樹リオ。リオはいちご坂中学校の転校生で女子からはモテモテとなっていた。スポーツもでき、サッカーで男子にも熱い男と認識されて人気が出る。昼休みに屋上に行ったいちかはリオに会い、リオはいちかのことを知りたいと言うのだった。
「キラキラパティスリー」で転校生のことについて話していると、悪の妖精たちがやってくる。悪の妖精たちは正気に戻っており、夢を利用されて暴れていたと謝罪しに来たのだった。いちかたちは妖精たちにスイーツをふるまって、みんなで笑顔になるのだった。
いちかはりさとリオを誘って「キラキラパティスリー」に連れてくる。そしてカップケーキを作ることにして、最初は苦戦するもリオのアドバイスもあって作り上げることに成功するるのだった。
リオは帰り道、ジュリオとなってカップケーキを食べたことでできたりさのキラキラルを奪う。りさの悲鳴を聞いて駆け付けたいちかたちはプリキュアに変身。ジュリオと対決することにる。いちかは、スイーツを大嫌いというジュリオの攻撃を見てリオのアドバイスを思い出して、かき混ぜるように攻撃して反撃。ジュリオを退散させることに成功して、キラキラルは無事にりさに戻るのだった。
第13話
いちご坂商店街のPR動画のレポーターを探していた青果店店主は、ひまりのお菓子知識を見てレポーターにしようと考える。人見知りのひまりはレポーターは無理だというも頼まれてしまって不安ながらもやってみる。しかし、恥ずかしがりのひまりはうまくインタビューすることができないでいた。アップした動画も再生回数2回で、うまくスイーツを紹介できていたらと落ち込む。その後も迷走してしまい、人にスイーツの良さを伝える難しさを感じて落ち込む。一人で落ち込んでいたひまりに接近したジュリオは、レポーターを辞めるのが君のためとささやいてくる。撮影に戻ったひまりが落ち込んでいる様子をみたいちかは、キラパティに連れてって元気を出してもらおうと考える。そこで、チュロスが何でギザギザなのかと母親に聞く女の子の姿を見て理由を教えようとするひまり。一度は伝えるのに失敗してしまうが、追いかけてギザギザになっている理由を一生懸命伝えようとする。そして、親子は理由を聞いておいしそうにチュロスを食べる様子を見てうれしくなるひまりだった。
チュロスを食べる親子から出たキラキラルを奪いにやってきたジュリオ。キラキラルを取り戻すために変身したみんなは、追いかけてくる弓矢のような攻撃に苦戦。だが、これを実験というジュリオに怒るひまりは、ジュリオの攻撃を防いで反撃に出る。そして、みんなの力を合わせてキラキラルを取り戻すことに成功。ひまりたちは新たな動画をアップして以前よりも再生回数が増えていたのだった。

登場人物[編集]

詳しくは各キャラクターページも参照。

プリキュア[編集]

宇佐美 いちか(うさみ いちか) / キュアホイップ
声 - 美山加恋
本作品の主人公。中学2年生。
有栖川 ひまり(ありすがわ ひまり) / キュアカスタード
声 - 福原遥
中学2年生。頭のいい小柄な少女。
立神 あおい(たてがみ あおい) / キュアジェラート
声 - 村中知
中学2年生。ロックバンドのボーカルをしている。
琴爪 ゆかり(ことづめ ゆかり) / キュアマカロン
声 - 藤田咲
高校2年生。派手な顔立ちで長髪の美人。
剣城 あきら(けんじょう あきら) / キュアショコラ
声 - 森なな子
高校2年生。ボーイッシュな風貌の女性。

妖精[編集]

ペコリン
声 - かないみか
本作の主役妖精。語尾に「~ペコ」と付ける。動物の声真似が得意。
長老
声 - 水島裕
実体のない体になっており、スイーツ工房から出ると消えてしまう。人間の壮年男性の姿にも変身できる。
妖精
声 - 引坂理絵石橋桃
アニメ第7話に登場。ペコリンの友人たち。

[編集]

ジュリオ
声 - 皆川純子
第10話より登場。仮面を付けた少年戦士で、ガミーらを操っていた黒幕。第12話でいちご坂中学校に「黒樹リオ」として転校してくる。

悪の妖精[編集]

第11話までの敵役。ジュリオに赤い星印のオーブを与えられて欲望のおもむくままスイーツからキラキラルを強奪などの悪事を行っていた。第11話でジュリオによって合体してプリキュアに勝負を挑むが、浄化されて正気を取り戻し、第12話にて非礼の数々をプリキュア達に詫びた。

ガミー
声 - うえだゆうじ
第1話にてプルプル、ホットー、シュックリーらとともに長老を襲撃する。また、いちかの作ったケーキからキラキラルを奪う。
プルプル
声 - 武虎
第2話より本格的に登場。プリンから大量のキラキラルを奪う。いちかとひまりが一緒に作ったプリンからも奪おうとして、いちかがプリキュアに変身。最初の蹴りの攻撃は跳ね返したが、ひまりもプリキュアに変身。ひまりの素早い動きに翻弄されて拘束され、いちかと協力した攻撃によって敗れる。
ホットー
声 - 伊丸岡篤
第3話より本格的に登場。アイスのキラキラルが好き。熱攻撃が得意。
シュックリー
声 - 武虎
第4話より本格的に登場。シュークリームのキラキラルが好物。
マキャロンヌ
声 - 川崎恵理子
第5話より登場。マカロンのキラキラルが好物の女妖精。
ビタード
声 - 伊丸岡篤
第6話より登場。チョコレートのキラキラルが好物の翼竜型妖精。
フエール
声 - 武虎
第7話より登場。ドーナツのキラキラルが好物。
スポンジン
声 - 伊丸岡篤
第8話より登場。スポンジケーキのキラキラルが好物。
クッカクッキー
声 - 武虎
第9話より登場。クッキーのキラキラルが好物。
タルトーン
声 - 川崎恵理子
第10話より登場。タルトのキラキラルが好物の女妖精。

プリキュアの家族[編集]

宇佐美家[編集]

宇佐美 源一郎(うさみ げんいちろう)
声 - 津田健次郎
いちかの父で、空手道場の経営者。普段は空手の道着を着用しているが、祭儀の際には背広を着る程度の常識はある。
宇佐美 さとみ(うさみ さとみ)
声 - 山口由里子
いちかの母で、海外を回る医師。

琴爪家[編集]

琴爪 しの(ことづめ しの)
声 - 天野由梨
ゆかりの祖母。ゆかりを「手のかからない子」と評している。第5話から姿を見せているが、第17話で本名が判明した。

いちご坂中学校[編集]

和泉 わたる(いずみ わたる)
声 - 虎島貴明
いちかのクラスメイト。スポーツが得意な男子生徒。
中野 ひろき(なかの ひろき)
声 - 金子誠
いちかのクラスメイト。ムードメーカーの男子生徒。
神楽坂 りさ(かぐらざか りさ)
声 - 渋谷彩乃
いちかのクラスメイト。ミーハーな性格の女生徒。
光岡 じゅんこ(みつおか じゅんこ)
声 - 引坂理絵
いちかのクラスメイト。のんびりした性格の女生徒。

ロックバンド[編集]

「ワイルドアジュール」[編集]

園部けい
声 - 真木駿一
リーダー。担当はベース。
横川りゅうた
声 - 中澤まさとも
担当はギター。
浅香さら
声 - 祖山桃子
担当はドラム。

「ガナッシュ」[編集]

岬あやね
声 - Machico
ボーカル。あおいが憧れている女性。

その他[編集]

シュガー店主
声 - 天田益男
アニメ第1話・第4話・第10話に登場。スイーツ店「シュガー」の店主。
日向 まりこ
声 - 藤井ゆきよ
アニメ第4話より登場。「シュガー」の店主の娘にして、バレリーナ。
三ツ星にゃんこ
声 - 尾畑美依奈
アニメ第5話より登場。額に星の模様が3つある猫。
パコ
声 - 渋谷彩乃
アニメ第8話より登場。三ツ星にゃんこより小さい犬。
児玉 えみる(こだま えみる)
声 - 鈴木絵理
アニメ第8話より登場。「キラキラパティスリー」にきた最初のお客。友達に出すスイーツを相談する。
青果店主
声 - 西村太佑
アニメ第1話・第6話・第10話・第13話に登場。いちかのことを昔から知っている。
青果店夫人
声 - 尾畑美依奈
アニメ第6話に登場。
辰巳 だいすけ(たつみ だいすけ)
声 - 間島淳司
アニメ第9話より登場。みどりとは小学校の同級生で想いをよせている。みどりと小学校時代に遠足で動物園に行ったときにもらったクッキーを思い出しながら、みどりに告白するためにクッキーを探していた。
中村 みどり(なかむら みどり)
声 - 佐藤朱
アニメ第9話より登場。保育園の先生。眼鏡をかけている。
女性
声 - 祖山桃子
アニメ第1話に登場。
男子
声 - 祖山桃子
アニメ第2話に登場。
女子
声 - 齋藤綾
アニメ第2話に登場。
店員
声 - 中村太亮
アニメ第3話に登場。
ライブ客
声 - 引坂理絵
アニメ第3話に登場。
高校生
声 - ランズベリー・アーサー新祐樹
アニメ第3話に登場。行列の割り込みをしようとした所を、あおいにたしなめられた2人組の男子高生。
英語教師
声 - 中澤まさとも
アニメ第5話に登場。ゆかりのクラスの英語教師。
体育教師
声 - 中里望
アニメ第5話に登場。いちご野高校の女性体育教師。
女子生徒
声 - 引坂理絵祖山桃子
アニメ第5話に登場。ゆかりの同級生たち。
園児
声 - 石橋桃引坂理絵
アニメ第9話に登場。
ゆかりファン
声 - 石橋桃
アニメ第10話より登場。いちご野高校の女生徒で、ゆかりを模したファンバッジを付けている。
あきらファン
声 - 永井真里子
アニメ第10話より登場。いちご野高校の女生徒で、あきらを模したファンバッジを付けている。
ファンの女の子
声 - 引坂理絵祖山桃子稲瀬葵
アニメ第10話より登場。いちご野高校の女生徒たち。ゆかりやあきらのファンたち。
店長
声 - 中村太亮
アニメ第10話に登場。
少女
声 - 和氣あず未
アニメ第10話に登場。
女子生徒
声 - 石橋桃川井田夏海
アニメ第12話登場。いちご坂中学校の生徒たち。
男性
声 - 中澤まさとも
アニメ第13話登場。
女の子
声 - 白城なお
アニメ第13話登場。
母親
声 - かないみか
アニメ第13話登場。

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 総作画監督 美術
第1話 大好きたっぷり!
キュアホイップできあがり!
田中仁 暮田公平 暮田公平 山岡直子 川村敦子 飯野敏典
第2話 小さな天才
キュアカスタード!
田中仁 宮元宏彰 宮元宏彰 石川てつや 川村敦子 齋藤優
第3話 叫べライオン!
キュアジェラート!
伊藤睦美 小山賢 古家陽子 高橋晃 川村敦子 黄国威
第4話 3人そろって
レッツ・ラ・まぜまぜ!
犬飼和彦 貝澤幸男 貝澤幸男 フランシス・カネダ
アリス・ナリオ
川村敦子 鈴木祥太
第5話 きまぐれお姉さまは
キュアマカロン!
坪田文 黒田成美 中島豊 上野ケン 川村敦子 田中里緑
第6話 これってラブ!?
華麗なるキュアショコラ!
田中仁 神谷智大 平山美穂 赤田信人 川村敦子 戸杉奈津子
第7話 ペコリン、ドーナツ作るペコ〜! 犬飼和彦 佐々木憲世 佐々木憲世 河野宏之 川村敦子 いいだりえ
第8話 キラパティ
オープン…できません!
坪田文 やしろ駿 松永真彦 渡邉慶子 川村敦子 鈴木祥太
第9話 キラパティが
あなたの恋、叶えます!
黒須美由記 小山賢 小山賢 青山充 川村敦子 栫ヒロツグ
第10話 ゆかりVSあきら!
嵐を呼ぶおつかい!
伊藤睦美 土田豊 土田豊 稲上晃 川村敦子 齋藤優
第11話 決戦!
プリキュアVSガミー集団!
田中仁 宮元宏彰 宮元宏彰 爲我井克美 川村敦子 黄国威
第12話 敵は…モテモテ転校生!? 坪田文 座古明史 座古明史 松浦仁美 川村敦子 鈴木祥太
第13話 ムリムリ!ひまり、まさかのデビュー! 犬飼和彦 中島豊 中島豊 フランシス・カネダ
アリス・ナリオ
川村敦子 田中里緑

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]