ふたりはプリキュア Splash Star

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia-logo.pngウィキペディアふたりはプリキュア Splash Starの項目があります。

ふたりはプリキュアSplash Star(ふたりはぷりきゅあスプラッシュスター)とは、2006年2月2007年1月まで放送していたテレビアニメである。

誕生の経緯[編集]

3作目を制作する際、前作の主人公達で継続するか、新主人公を新たに登場させるかといった立場に置かれていた。女児向けアニメとして主人公が交代するというのは前例になくなおかつ前代未聞だった。担当者からは「前作の主人公のままでは先細りするかもしれない」という声もあった。様々な理論を交わした結果、新主人公を登場させるという形に落ち着いた。

作風[編集]

前作の「ふたりはプリキュアマックスハート」では戦闘シーンが激しく描かれておりなおかつ「子供が怖がる」、「朝アニメとしては刺激が強すぎる」といった要望が寄せられた。そこで製作者達は様々な工夫をしていった。変身シーンや戦闘シーンなど「光」を使用するなどが盛り込まれた。以降の作品においても「光」を使用するなど基礎となったシリーズでもある。また激しい戦闘から一転、「守り」のシーンが増えた。前作では敵が出現すると街が暗くなるのが描かれていたが今作以降は自然のままの出演となる。敵を倒しても「光」がでるなど朝アニメらしい出演が盛り込まれた。

商業面[編集]

主人公が交代したことによる影響は大きく、売り上げが前作より大幅に下回るなどの結果になった。今作までの玩具では値段が高く、入手するのにも一苦労な価格であった。これらの影響もあり「プリキュア5」以降は価格を下げるなどの対応に追われた。

2年構想[編集]

当シリーズでは2年目までの構想がなされていた。しかし、商業面での不調により「プリキュア5」の制作に急遽変更になった。2年目で活躍する予定だったアイテムは1年目に登場するなどの対応となった。

評価[編集]

手さぐり状態で始まった今作。商業面においては振るわなかったがストーリーは評価が高い。以降プリキュアシリーズの主人公は1年ごと(プリキュア5では2年)の交代となり今に至る。

外部リンク[編集]