黒滝正昭

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

黒滝 正昭(くろたき まさあき、1943年1月1日[1] - )は、日本の社会思想史家。宮城学院女子大学名誉教授[2]。専門はドイツ社会思想史[1]。特にルドルフ・ヒルファーディングを研究している[3]

東京生まれ、北海道夕張市室蘭市出身[3]。1965年東北大学経済学部卒業、1970年同大学大学院経済学研究科博士課程単位取得退学[1]、宮城学院女子大学講師[3]、同大学学芸学部教授。経済学博士(東北大学)[1]

トロツキー研究所幹事[4]。1994年に発足したポスト・マルクス研究会のメンバー[5]。宮城・研究者「九条の会」呼びかけ人[6]。「変革のアソシエ」呼びかけ人[7]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『ルードルフ・ヒルファーディングの理論的遺産――『金融資本論』から遺稿まで』 近代文藝社、1995年
  • 『私の社会思想史――マルクス、ゴットシャルヒ、宇野弘蔵等との学問的対話』 成文社、2009年

編著[編集]

  • 『社会科学の世界』 後藤洋、大和田寛共編、梓出版社、1992年
  • 『ポスト・マルクス研究――多様な対案の探究』 相田愼一、太田仁樹共編著、ぱる出版、2009年

分担執筆[編集]

  • 『講座史的唯物論と現代 2 理論構造と基本概念』 服部文男編集、青木書店、1977年、改訂版1987年(青木教養選書)
  • 『社会思想史入門』 服部文男編、青木書店、1978年
  • 『経済学と階級』 浜林正夫ほか編、梓出版社、1987年
  • 『マルクス主義の生成と発展』 服部文男ほか編、梓出版社、1989年
  • 『ローザ・ルクセンブルクと現代世界――東京・国際シンポジウム報告集』 ローザ・ルクセンブルク東京・国際シンポジウム実行委員会編、社会評論社、1994年
  • 『経済思想史辞典』 経済学史学会編、丸善、2000年
  • 『私立大学の未来――改革と展望』 国庫助成に関する全国私立大学教授会連合編、大月書店、2004年

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 日外アソシエーツ編『新訂 現代日本人名録2002 2.かな~せ』日外アソシエーツ、2002年、681頁
  2. 黒滝正昭「恩師 服部文男先生の生涯・研究と服部文庫」『尚絅学院大学紀要』65、2013年7月
  3. 3.0 3.1 3.2 黒滝 正昭 - 教員紹介 宮城学院女子大学
  4. トロスキーとは何者? トロツキー翻訳研究室(藤井一行主宰)
  5. 『ポスト・マルクス研究――多様な対案の探究』2頁
  6. 宮城・研究者「九条の会」 発足集会 東北大学職員組合
  7. 会員 変革のアソシエ

外部リンク[編集]