黄海北道

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

黄海北道こうかいほくどうファンヘブクト)とは、朝鮮民主主義人民共和国北朝鮮)南西部の地方である。面積は8007平方キロメートル。人口は151万2000人(1994年)。道庁所在地沙里院市。黄海北道とは黄州海州の合成語である。

概要[編集]

古代においては前漢武帝が設置した帯方郡の一部を成していた。李氏朝鮮の時代である1413年豊海道(のちの黄海道)が置かれる。1954年に黄海道が南北に二分された際、京畿道の一部を併せて黄海北道が成立した。

1996年7月の集中豪雨で大被害を受けた地域でもある。また、韓国の初代大統領であった李承晩の生誕地でもある。

産業など[編集]

葉煙草高麗人参林檎などの代表的な産地で、世界有数の埋蔵量と言われているタングステンをはじめ、蛍石などの鉱物資源が豊富なことで知られる。