鹿伏兎左京亮

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
移動先: 案内検索

鹿伏兎 左京亮(かぶと さきょうのすけ、生没年不詳)は、戦国時代武将関氏の一族で六角氏織田氏家臣祖父宮内少輔

生涯[編集]

伊勢鈴鹿郡の出身[1]天正2年(1574年)に家督を相続する(『勢州軍記』)。本能寺の変後、織田信孝柴田勝家らと羽柴秀吉の対立が決定的になると、左京亮は信孝方の滝川一益に与したが、一益が秀吉に敗れると織田信雄に与した[1]。後に秀吉の命令で織田信包に属した(『勢州軍記』)。

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 『織田信長家臣人名辞典』(第2版)吉川弘文館2010年。P152

参考文献[編集]