親族

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia-logo.pngウィキペディア親族の項目があります。

親族(しんぞく)とは、日本民法上においての規定では、6親等内の血族、及び配偶者と3親等内の姻族と定められている。親族については一般的に親戚(しんせき)とも言われるが、これは親族以外にも婚姻によって生じた親類などを総称して使われるのが一般的で、特に法的な規定は存在しない。また親類(しんるい)という言葉もあるが、これは親戚と同じ意味合いで使用される場合が非常に多い。

日本歴史上では、戦国大名などは遠い昔に分かれて血筋も曖昧な者が多かったが、これらを親族として扱うことも多かった。武田信玄などは自分の妹や娘を穴山氏小山田氏といった遠い一族に嫁がせたりして親類として取り込み、彼らは武田家の御親類衆と呼ばれて一族扱いを受けたりしている。

関連項目[編集]