袁隗

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
移動先: 案内検索

袁 隗(えん かい、? - 190年)は、中国後漢末期の政治家字陽(じよう)[1]。後漢の太傅・都郷侯となった。父は袁湯。兄は袁平袁成袁逢。子は袁満来袁懿達袁仁達。甥は袁紹袁術袁胤袁叔ら。

生涯[編集]

豫州汝南郡汝陽県(河南省商水県)の出身[1]。袁紹と袁術の叔父にあたり、兄の袁逢より先に三公となり、司徒には2度就任している[1]。他にも南陽郡太守になっている[1]

袁紹の父が早くに亡くなっていたため実質的な父親代わりで、袁紹は若い頃は曹操と組んで不良をしていたため、その素行の悪さを知った袁隗は「一族を滅ぼすつもりか」と叱ったという[1]少帝の時代に太傅に就任した[1]。190年に袁紹を盟主とした反董卓連合軍が挙兵すると、董卓の命令で都にとどまっていた一族もろとも処刑された[1]

三国志演義』では少帝を董卓が廃立しようとした際に無理矢理賛成させられ、最後は董卓の家臣の李傕郭汜によって殺害された。

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 1.6 小出『三国志武将事典』P99

参考文献[編集]