穴山信邦

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
移動先: 案内検索

穴山 信邦(あなやま のぶくに、? - 永禄9年12月5日[1]1567年1月15日))は、戦国時代の武将。甲斐河内の領主である穴山氏の一族で、穴山信友の次男。通称は彦八郎[1]。生母は武田信虎の次女の南松院[1]。兄に信君。弟に九郎武田信玄の甥に当たる。諱に関しては信嘉[1](のぶよし)の説もある。義信事件武田義信に加担したため、永禄9年(1566年)12月に信玄より自害[1]を命じられたという。法名は慈眼院殿玄室芳頓禅定門[1]

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 柴辻俊六 『武田信玄大事典』新人物往来社、2000年、P73

参考文献[編集]

  • 柴辻俊六 編 『武田信玄大事典』(新人物往来社、2000年)ISBN 4-404-02874-1