カルト

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

カルトとは、悪しき行為を行う団体のこと。

転じて、マインド・コントロール詐欺搾取犯罪など悪しき行為を行う宗教のこと。

カルトの手法[編集]

破壊的カルトで使われるマインドコントロールでは、以下のような4つのコントロールがあるとされる[1]。破壊的カルトから家族や親友を守るのはかなり大変で、方法を知らないと容易に取り込まれる模様[2]

行動のコントロール
組織の命令に従えば称賛、反すれば罰。細かい行動の指示や布教活動への誘導など。
思想のコントロール
組織が真理としている教えを一方的に、疑問をはさみ込ませずに教え込む。聖書と別の教理の本を使う。
感情のコントロール
破壊的カルトは人を不安にして、組織のために働かせ続ける。
情報のコントロール
組織に対する批判的情報の禁止。

カルトからの救出方法[編集]

特に「破壊的カルト」と呼ばれるカルト教団は、教義の中でかなり脱会への対策が講じられており、普通に考えつくような方法は軒並み対策済みで、救出は困難である。

以下のような手順が必要になるようで、カルト教団の教義も把握していないと救出できない[3]

信頼関係、親密な人間関係を確立する
第一段階としてこれが必要。これが無いと有意義な話し合いができない。
教団組織への疑問が生まれるような適切な質問をする
この段階に来る時点でかなりの下準備とカルト教団の教義についての学習が必要。
さらにカルト教団の教義の間違いを強く指摘するのは対策により逆効果になる場合が多いため、「適切な質問」によりカルト教団の教義の間違いを「相手が気づく」ようにする事が重要。
カルトが作った親子間や友人間のバリアを破る
かなり難しいが「愛と優しさを示す」ことが教団組織の作ったバリアを破ることになるらしい。
選択させる
カルト教団組織にとどまるかどうかは相手に選択させる。
カルト教団組織にとどまる選択をした場合は、次のチャンスが訪れるのを待つ。
脱会を選択した場合でも社会復帰は困難なため、援助を必要とする事を忘れてはいけない。

脚注[編集]

  1. マインドコントロールとは何か - 新潟マインドコントロール研究所
  2. カルト宗教から家族を守る - 新潟マインドコントロール研究所
  3. カルト宗教から家族を守る - 新潟マインドコントロール研究所

関連項目[編集]

他事典リンク¦ウィキペディア ¦ピクシブ百科事典 ¦ニコニコ大百科 ¦アンサイクロペディア ¦コトバンク