相沢英之

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia-logo.pngウィキペディア相沢英之の項目があります。

相澤 英之(あいざわ ひでゆき、大正8年(1919年7月4日 - 平成31年(2019年4月4日)は、日本大蔵官僚政治家弁護士(相沢法律事務所、登録番号:32425)。大蔵事務次官衆議院議員(9期)、経済企画庁長官金融再生委員会委員長東京福祉大学学長などを歴任した。妻は女優司葉子

来歴[編集]

大分県宇佐市出身。東京帝国大学卒業後、大蔵事務次官を経て、昭和51年(1976年)に第34回衆議院議員総選挙に旧鳥取全県区で初当選し、以後9期務める。平成2年(1990年)に第2次海部俊樹内閣経済企画庁長官として初入閣する。平成12年(2000年)に第2次森喜朗内閣で金融担当大臣に就任し、平成13年(2001年)に自民党税調会長に就任する。平成15年(2003年)の第43回衆議院議員総選挙鳥取2区から立候補するが、川上義博に敗れ落選した。

平成31年(2019年)4月4日午前6時45分、肺炎のため、東京都内の病院死去した。99歳没。

外部リンク[編集]