DHMO

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
移動先: 案内検索

DHMO」(Dihydrogen Monoxide)とは、人体および自然環境に悪影響を及ぼしうる危険な化学物質である。

性質[編集]

常温では無色透明の液体であるが、無色透明の気体や固体としても常温で存在しうる。また、分子構造から物理的・化学的に特異な性質を示すことがわかっており、異常液体に分類されている。

主な危険性[編集]

自然環境への影響[編集]

  • 酸性雨の主成分である。
  • 温室効果を引き起こし、その影響は二酸化炭素よりもはるかに大きい。
  • 高濃度のDHMOにより、植物の成長が阻害される。

物体への影響[編集]

  • 多くの金属を腐食・劣化させる。
  • 自動車や自転車のブレーキの利きを悪くし、電気系統の機能を低下させる。
  • 長時間触れさせた食品をも腐敗させる。

人体への影響[編集]

  • 海難事故による死因のほとんどすべてを占めており、毎年夏には行楽地を中心に数多くのDHMOによる死亡事故が報道されている。
  • 火傷のような症状を引き起こすこともある。
  • 固体のDHMOに長時間触れてた皮膚は大規模な損傷を起こす。
  • 末期癌の腫瘍細胞中にはDHMOが必ず含まれている。
  • 大量摂取により吐き気や嘔吐をもたらし、最悪の場合死に至ることもある。

汚染の拡大[編集]

以上のような危険性に反し、DHMOは地球規模で頻繁に利用されている。

  • 工業用の溶媒、冷媒として用いられ、使用済みDHMOは多くの場合河川や海洋に投棄されている。
  • 原子力関連施設や大規模コンビナートでも用いられる。
  • 防火剤として用いられる。
  • 動物実験や遺伝子操作に用いられる。
  • 農薬の散布に用いられる。
  • 弾丸の代わりにDHMOを用いた銃も存在し、子供が簡単に手に入れることができる。

驚くべきことに、DHMOの製造や流通、投棄に関して、一切規制は行われていない。そのため、ジャンクフードをはじめとする数多くの食品にDHMOが含まれており、多くの人間はそれを摂取している。特殊な処理によりDHMOを除去した食品も存在するが、ごく一部にとどまっている。

1997年にアメリカで行われたDHMOについての調査では、86%が規制すべきと回答している。しかし、学会や各国政府はDHMOに対する規制を拒否し続けている。

外部リンク[編集]