水野祐 (法律家)

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

水野 祐(みずの たすく、1981年 - )は、日本弁護士。シティライツ法律事務所のパートナー、ファウンダーである[1]法律相談組織「Arts and Law」の代表理事。「クリエイティブコモンズジャパン」の理事。慶應義塾大学SFC研究所上席所員(リーガルデザイン・ラボ)。グッドデザイン賞審査員。

経歴[編集]

人物[編集]

  • 法的なスキルよりクライアントの事業の深い理解が必要と語る。相手が高名な弁護士でも、その部分では負けないと語る。
  • エンターテイメント・ロイヤーとして映画、音楽、アニメ、出版、デザイン、ファッション、アートなどのコンテンツ産業に精通した弁護士である。Webやスマートフォンアプリといったサービスを手がけているIT分野や建築・不動産分野の法律の仕事も行う[4]

著作[編集]

  • 『法のデザイン −創造性とイノベーションは法によって加速する』フィルムアート社、2017年、ISBN-10: 4845916053

翻訳[編集]

  • 著者:Bas Van Abel、Lucas Evers、Roel Klaassen、Peter Troxler、『オープンデザイン ―参加と共創から生まれる「つくりかたの未来」』(共同翻訳)、オライリージャパン、2013年

公式サイト[編集]

Twitter[編集]

水野 祐 Tasuku Mizuno

参考文献・注釈[編集]