東京慈恵会医科大学附属病院

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

東京慈恵会医科大学附属病院(とうきょうじけいかいいかだいがくふぞくびょういん)は、東京慈恵会医科大学が運営する大学病院である。高度医療を行う特定機能病院のひとつである。通称「慈恵大学病院」。厚生労働省によりがん診療連携拠点病院に指定されている。

歴史[編集]

  • 1882年(明治15年)8月高木兼寛はイギリス医学である「病者を病に悩む人間とみる医風」へと転換すべきだと主張し、有志共立東京病院との慈善病院を発足させた[1]
  • 1887年(明治20年)4月、有志共立東京病院を東京慈恵医院に改称。
  • 1907年(明治40年)7月、社団法人東京慈恵会設立、東京慈恵医院を東京慈恵会医院と改称した。同医院に附属医学専門学校及び附属看護婦教育所を置く。
  • 1923年(大正12年)9月、関東大震災により大学校舎、附属東京病院、東京慈恵会医院等焼失する。
  • 1947年(昭和22年) 4月、東京慈恵会医院の経営、管理の一切を大学が担当することになり、東京慈恵会医科大学附属東京病院南病棟(従来の東京病院は北病棟)と改称。
  • 1962年(昭和37年)10月、名称を東京慈恵会医科大学附属病院、通称慈恵大学病院と改称。
  • 2007年(平成19年)8月、エイズ治療中核拠点病院指定。
  • 2009年(平成21年)9月、東京都感染症入院医療機関登録。

基本データ[編集]

  • 名称:東京慈恵会医科大学附属病院
  • 開設者:学校法人慈恵大学[2]
  • 院長:丸毛啓史
  • 所在地:〒105-8471 東京都港区西新橋3-19-18
  • 電話:03-3433-1111(大代表)
  • 病床数:一般1,026床/精神49床/合計1,075床
  • 入院患者数:入院患者数(一般病床:852人、精神病床:31人)(1日平均)
  • 外来患者数:外来患者数:2,754人(1日平均)
  • 交通:「御茶ノ水」駅下車(御茶ノ水橋口)徒歩 約5分
  • 附属病院:附属4病院(本院、葛飾医療センター、第三病院(調布狛江)、柏病院(千葉)、診療所(慈恵医大晴海トリトンクリニック)

診療科[編集]

  • 救急部
  • 消化器・肝臓内科
  • 神経内科
  • 腎臓・高血圧内科
  • リウマチ・膠原病内科
  • 循環器内科
  • 糖尿病・代謝・内分泌内科
  • 腫瘍・血液内科
  • 呼吸器内科
  • 総合診療部
  • 精神神経科
  • 小児科
  • 皮膚科
  • 上部消化管外科
  • 下部消化管外科
  • 肝胆膵外科
  • 乳腺・内分泌外科
  • 呼吸器外科
  • 血管外科
  • 小児外科/整形外科
  • 脳神経外科
  • 脳血管内治療部
  • 小児脳神経外科
  • 形成外科
  • 心臓外科
  • 産婦人科
  • 泌尿器科
  • 眼科
  • 耳鼻咽喉科
  • リハビリテーション科
  • 歯科
  • ペインクリニック
  • スポーツ・ウエルネスクリニック
  • 脊椎・脊髄センター
  • 総合母子健康医療センター
    • 小児脳神経外科部門
    • 小児心臓外科部門
  • 脳卒中センター
  • 乳腺・甲状腺センター
  • 鼻中隔外鼻センター
  • 腫瘍センター
    • 緩和ケア診療部
    • 外来科学療法室
  • がん相談支援室
  • 院内がん登録

参考文献[編集]