応劭

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

応 劭(おう しょう、生没年不詳)は、後漢末期の武将政治家。父は応奉。叔父は応瑒応璩仲遠(ちゅうえん)[1]

生涯[編集]

汝南郡南頓県の出身[1]。最初は後漢朝廷に仕え、孝廉に推挙されて大将軍である何進の義弟・何苗の属官となる[1]。後に泰山郡太守となり、黄巾賊30万人の侵入を防いだ[1]

193年曹操の命令で曹嵩曹徳らを出迎えようとしたが、その前に徐州牧の陶謙により曹嵩らが殺されたため、曹操の報復を恐れて袁紹の下に逃亡し、袁紹から軍謀校尉に任命された[1]204年の曹操の冀州平定時には既に亡くなっていたという[1]

博学多才で『漢書』に注釈を施し、多くの著作を遺した[1]

三国志演義』でも同じで袁紹の下に亡命している。

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 1.6 小出『三国志武将事典』P33

参考文献[編集]