佐々木正

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐々木 正(ささき ただし、大正4年(1915年5月12日 - 平成30年(2018年1月31日)は、日本電子工学技術者シャープ元副社長。工学博士。「ロケット・ササキ」の異名を持つ。

生涯[編集]

島根県出身。昭和13年(1938年)に川西機械製作所(現在のデンソーテン)に入社し、昭和39年(1964年)に早川電気工業(現在のシャープ)に移り、専務などを経て昭和58年(1983年)に副社長に就任する。専務の時代には当時は学生だったソフトバンクグループの社長・孫正義への支援を決めて開発した翻訳ソフトを1億円で買い取るなどし、孫の後年における起業に大きな影響を与えたという。

次々にアイディアを生み出すスピードから「ロケット・ササキ」の異名をとり、小型電卓の開発や半導体液晶の技術発展に世界的に貢献し、平成15年(2003年)に世界最大の技術者組織とされるアメリカの電気電子技術者協会(IEEE)から日本人として5人目の名誉会員資格を授与された。

平成30年(2018年)1月31日、肺炎のため死去した。102歳没。