今井信是

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
移動先: 案内検索

今井 信是(いまい のぶこれ、生没年不詳)は、戦国時代武将武田氏家臣甲斐逸見地域の領主[1]

生涯[編集]

父は今井信慶[1]。官途は兵庫助。今井家甲斐源氏逸見氏の流れを汲む当主で、府中(表)今井氏に対して浦(裏)今井氏と呼称されたことから、浦兵庫と称された[1]永正6年(1509年)に信濃諏訪頼満に攻められたため[1]、息子の信麟の妻に頼満の娘を迎えることで和睦した[2]。永正16年(1519年)から武田信虎と戦い、翌年に栗原氏大井氏らと協力して反乱を起こすが(都塚・今諏訪合戦)、信虎に鎮圧された[2]。この後、史料に登場しないため、家督を息子の今井信元に譲ったものと見られている[2]

娘の流英は信虎の側室となって寵愛された[3]

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 柴辻俊六 編『武田信虎のすべて』新人物往来社、2007年、p.191
  2. 2.0 2.1 2.2 柴辻俊六 編『武田信虎のすべて』新人物往来社、2007年、p.192
  3. 柴辻俊六 編『武田信虎のすべて』新人物往来社、2007年、p.182

参考文献[編集]

  • 柴辻俊六 編『武田信虎のすべて』(新人物往来社、2007年) ISBN 978-4-404-03423-6