三菱重工労働組合

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

三菱重工労働組合(みつびしじゅうこうろうどうくみあい)は、三菱重工業の社員で構成する労働組合。三菱重工グループ労働組合連合会を通して日本労働組合総連合会(連合)、日本基幹産業労働組合連合会(基幹労連)に加盟している。三菱重工業長崎造船所の社員で構成する長崎造船支部長崎で最も有名な労働組合と言われる[1]

結成まで[編集]

1950年に三菱重工業は財閥解体により東日本重工業・西日本重工業・中日本重工業の3社に分割され、1952年にそれぞれ三菱日本重工業・三菱造船・新三菱重工業に改称された。それぞれに労働組合として三菱日本重工労働組合連合・全日本造船労働組合三菱造船支部・日本労働組合総同盟新三菱重工業労働組合が存在していた。1964年に3社が合併して三菱重工業が誕生したのを契機として、3労働組合の本社部門が合併して三菱重工業本社労働組合が結成された。翌1965年に全造船三菱重工支部を除く3労働組合がそれぞれの大会で合併に伴う労組の統一を決議した。全造船三菱重工支部では同年12月7日に左翼労働運動を展開していた長船分会が分裂し、労使協調路線の三菱重工長崎造船労働組合が結成された(重工長船労組、後の当労組の長崎造船支部)。翌8日に広島造船職員分会が一括脱退し、9日に重工長船労組と三菱重工労働組合西日本連合会を結成した。

1966年11月に全造船三菱重工支部を除く4労働組合(三菱日本重工労働組合連合・日本労働組合総同盟新三菱重工業労働組合・三菱重工業本社労働組合・三菱重工労働組合西日本連合会)が三菱重工労働組合連合会を結成した。1968年11月に単一組織化して三菱重工労働組合となり、全日本労働総同盟(同盟)、同盟傘下の全国造船重機械労働組合連合会(造船重機労連)に加盟した。

70年代以降[編集]

1970年8月18日に三菱重工業から三菱自動車工業が独立したことに伴い、三菱自動車工業労働組合が分離した[2]。1978年3月27日に電機労連、造船重機労連、日立労連、東京電力労組など13労組と共に原子力関係労組懇談会を結成した[3]。労働運動再編により1987年に全日本民間労働組合連合会(連合の前身)、1989年に連合に加盟した。2003年に造船重機労連は鉄鋼労連・非鉄連合と合併して基幹労連となったため、同労連の加盟労組となった。

2017年度から三菱重工グループ労働組合連合会を通して連合・基幹労連に加盟している[4]。国税庁法人番号公表サイトによれば、2017年10月に三菱重工グループ労働組合連合会に名称を変更した[5]

2007年3月31日時点の三菱重工業には、当労組(組合員数33,629人)、全日本造船機械労働組合三菱重工支部(組合員数21人)、全国一般労働組合長崎地方本部長崎連帯支部長崎造船分会(組合員数3人)の3つの労働組合が存在していた[6]。全国一般長崎連帯長船労組は2012年に解散した。全造船三菱重工支部は2016年に上部団体の全造船が解散したが、支部自体は存続している。

本部所在地[編集]

脚注[編集]