ボブ・ウェイトン

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ボブ・ウェイトンBob Weighton1908年3月29日 - 2020年5月28日)は、イギリス男性。一時期、男性の世界最高齢の人物であった。

生涯[編集]

1908年3月29日、イギリス中部のヨークシャー、キングストン・アポン・ハルに生まれる。7人兄弟の1人で、16歳まで在学し海洋工学の見習いができるようにと、父親から学校に毎学期3ポンド支払っていた。日本台湾を統治していた時代に、同地でキリスト教系の学校の教壇に立っていたという。第2次世界大戦が終わると、ロンドン大シティ校で教職につくなどした。日本やカナダで暮らしたこともあるという。

2016年時点で、孫10人と25人のひ孫がいた。2018年3月には110歳の誕生日を祝った。

2020年3月30日、日本の新潟県渡辺智哲の死去により、男性の世界最高齢としてギネス認定を受けている。同年5月28日、のため、イギリス南部のハンプシャーの自宅で死去。112歳没。家族によると就寝中に息を引き取ったと言われている。COVID-19がイギリスで猛威を振るっていた真っ最中の死去だが、関連は無いとみられる。彼の死後、約4ヵ月年下のプエルトリコエミリオ・フロレス・マルケスが男性世界最高齢者となった。

出典[編集]

Wikipedia-logo.pngウィキペディアの生真面目ユーザーたちがボブ・ウェイトンの項目をおカタく解説しています。