ソフィー・マルソー

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ソフィー・マルソー(Sophie Marceau、1966年11月17日 - )は、フランスの女優である。

1980年に映画ラ・ブームのヒロインを演じて一気に大女優となった。

その他[編集]

フランス人なのだが何となく日本人に似た顔立ちのためか日本でも大人気であった。日本ではソフィー・マルソーのそっくりさん(日本人女性)の写真がしばしば雑誌に掲載されたほどである。

当時、日本の人気女優だった薬師丸ひろ子と対比して「フランスの薬師丸ひろ子」として紹介された。

日本でCMに出演していた頃のソフィー・マルソーは日本の女優たちと比べると、ややおデブちゃんであったが、それさえ問題にならない程の可愛らしい顔である。

13歳の頃から映画に出演していたために、日本人からは小柄な女優だと思われているが、背は意外と高く、松下奈緒とほぼ同じ身長である。背が高くておデブちゃん。であれば体重は軽いのか?重いのか?お察しください

日本でたのきんトリオが人気絶頂だった頃、某番組の企画で3人の写真を見せて好みを選ばせようとしたが、「こんな醜い男たちの中からでは、選びようがないわ」と言い放った。そのVTRが流れた後で3人と対面し、番組には気まずい雰囲気が漂った。

顔に似合わず、言いたいことをズケズケ言うのはフランス娘の特徴。フランスではお察しくださいなんて言っても通用しないのでズケズケ言う他ないのである。

ユニ・チャームは、彼女の名前をパクって自社製品に付けたのではないか?と疑う者が少なくない。口の悪いフランス娘とはいえ、その名を借用してお察しください用品の商品名にしてしまうなんて、ソフィー・マルソーが可哀想である。

ただ、ソフィー・マルソーが、アンネ・フランクのように、お察しください用品の代名詞にされずに済んだのは不幸中の幸いであった。

疑問[編集]

どうしてフランス娘は言いたいことをズケズケ言うのか? 言論の自由を最初に明文化したのはフランス人権宣言であり、フランスこそは言論の自由の本家家元だからである。

フランス革命前、フランス娘は言いたいことを言えなかった。王政に起因するような不満をズケズケ言って、それが国王の耳にでも入ればギロチンが待っていたからである。

フランス娘は誰にでも構わずズケズケ言って、相手がヤクザだったらどうする気なのか? フランスにはヤクザはいないから平気でズケズケ言えるのである。マフィアは幾らかいるものの本場のイタリアに比べたら微々たるもので平気なのである。

では、イタリア娘はフランス娘ほどズケズケものを言わないのだろうか? 確認は取れていないのだが、多分そうだと思われる。とは言うものの、相手がマフィアでないと分かればズケズケ言うイタリア娘も中にはいると思われる。

どうしてソフィー・マルソーは太ったのか? 原因はフランス料理の食べ過ぎに違いない。

ソフィー・マルソーでもおならをすることはあるのだろうか? ソフィー・マルソーのような絶世のカワイコチャン女優がおならをするわけがない。ソフィー・マルソーは絶対におならなんかしない。トイレでウンチするときにおならが出てしまうことだってない。ファンであれば、そうだと信じたい

動画[編集]

寝転がったまま15秒のCMに出演して高額なギャラを稼いだのだから、ソフィー・マルソーが如何に凄い女優なのかお察しください

YouTube 動画リンク

YouTube 動画リンク

YouTube 動画リンク

日本ではソフィー・マルソーはジュースやビデオテープのCMに出演した。化粧品のCMに出演させた隣国の選択の方が正しかったかも知れない。

ビテオテープのCMでは「こんなことやってられないわ」という不満そうな顔をしている。化粧品のCMでは「このCMなら世界一の美女の私にピッタリだわ」という顔で満足そうである。

関連項目[編集]

パクリ疑惑

イギリス料理