Ysmwiki

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
移動先: 案内検索
Ysmwiki
開設2018年3月9日
ウィキシステムMediaWiki
URLhttp://ysmwiki.epizy.com/wiki/
分野不明
言語多言語(日本語フランス語英語中国語)
サーバー所在国アメリカ
使用時刻JST
現状閲覧可、編集可

Ysmwiki(ワイ・エス・エムウィキ)とは、自称「誰でも編集可能な自分の知恵や知識を共有する場所」を目的としたWikiサイト。ysm serviceによって運営されている。

概要[編集]

個人ウィキなのに英語、フランス語、中国語の3言語版で提供されている。すごい。日本語版以外は2018年4月14日現在、メインページ以外は整備中のようだ。今後に期待だ。

エンペディアで宣伝したことによって一部の利用者の流入に成功して利用者数と記事項目が少しずつ増加傾向にあるようだ。日本共産党に関する記事がしっかりと書かれている傾向にある。

モバイル対応だったりユーザーページに多彩な機能があったりとそのあたりは最新鋭のベータ版機能を使用しているウィキペディアや技術至上主義のウソペディアよりも進んでいるが、httpsは未導入と、肝心な部分に限って導入されていない。

初版から1~2KBを超える記事の一部に転載[注 1]または機械翻訳の疑いがある[注 2]など、著作権法の観点で見ると少々首を傾げるサイトになってしまっている。更に、ウィキペディアやエンペディア、ウソペディア無期限ブロックされたユーザーに荒らされているにも関わらず、対応が追いついていないという事態になっている。今後に期待である。

何故かフランス語版ウィキペディアに記事があったがもちろん削除された。恐らくは日本語版ウィキペディアでこれらの記事は全て削除されている[1][2]ことからフランス語版に投稿されたものと思われる。──つまり、ウィキペディアの複数言語版で「宣伝目的でウィキペディアを利用する目的外利用者、ウィキペディアの成長に一切寄与しようとせず自サイト宣伝のみを目的としたスパム投稿者=荒らし」と思われている。

運営者もしくは関係者が前述のウィキペディアの複数言語版をまたいだ国際的荒らし行為を行ったためか、運営者と目されるウィキペディア利用者は2018年4月10日付で日本語版ウィキペディアでは「副アカウントの不適切な使用」により使用ソックパペットごとまとめて無期限ブロックされたようである[3][4]。しかも運営者である彼に対する管理者解任依頼が提出されたり[5]、また、もうひとりの管理者は要約欄に意図が分からない単語を書き込んでいるなど[6]、管理面ではかなり不安定なサイトである。

ちなみに[編集]

  • WHOISで見る限り、https://infinityfree.net/ 上にある自アカウントで設置したフリーサーバー上で動いているようだ。
  • サーバー運営者=ビューロクラット[注 3]なので、アカウント作成者およびIP接続者はIP情報を運営者に自動的に提供している。
  • サーバー運営者が運営者(admin)や管理者(sysop)の権限を返上(第三者譲渡)するのはかなりの『法的』困難が伴う。ぶっちゃけサーバー閉鎖して運営者になりたい別の人物が自己所有物たる自前のサーバー上に別のウィキを立てた方が簡単である。

関連項目[編集]

脚注[編集]

脚注
  1. 要約欄に「消されちゃう!」だけ書けばエスケープ転載ができるのか?
  2. 翻訳サイトのほとんどは利用規約に定める通り「翻訳を求める個人利用者が個人用途で利用する目的の場合のみ特別に無料翻訳を了承しているもの」で、翻訳された文章を全世界に無償公開しコンテンツ運営者の利益にしようとした場合、コンテンツ運営者が翻訳サイト運営者に対し翻訳著作権使用許諾契約を結ぶ必要がある(場合が多い)。
  3. というか、ウィキ上で可能な権限全てを自動的に持つ。
出典

外部リンク[編集]